読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャパンスケッチ456

タイムリーな話題を独自視点で解説

速報・日本ハム大谷最速163kmを記録・巨人戦で

日本ハムの大谷がついに日本球界史上最速の163kmを記録した。

記録したのは現在行われている交流戦、日本ハムー巨人の第三戦の4回裏1アウト。

1アウト満塁のピンチで、相手は巨人(元ロッテ)のクルーズ。大谷相手には自称2割5分くらいは打っていると、ある意味、気持ちに余裕がある形で大谷を迎えた。

3人のランナーを背負ってもはや単打すら許されない状況。大谷もその腕に自然と力が入る。

それまでも150km台のストレートを積み上げてきていたが、だんだんとその球速はアップ。直前では159kmをマークしていた。

そして、ついに出た。日本プロ野球史上最速の163キロ。自己最速の162kmを自ら更新する大記録だ。

変化球の切れ、そして緩急あるストレート。これらの武器を自在に組み合わせられる大谷の死角はますます無くなったと言えるかもしれない。