石田さんちの大家族は、なぜこうも人の心を掴んで離さないのか。

AD




石田さんちの大家族はテレビで10年以上に渡って放送されているのでほとんどの方がご存知かもしれない。

石田家の魅力は強い家族の絆だ。

まず。

口の悪い石田さんちの家族がひとつになり団結する場面がたまらなくムネアツだ。

そして子供たちの成長も長年番組を見続けてきた者にとっては見ていて胸を熱くする大きな要素だ。

子供たちが少年から反抗期を通り大人へと成長してく姿はまるで自分が思春期のときを思い返して見ているようだ。

六男の有志は長い間取材拒否をしていたのだが、
現在は美容師になっておりようやく取材解禁になったようだ。

いつのまにか、
有志は大人になっており周りに気を配れる人間へと成長していたのだ。

石田さんちの大家族はテレビカメラの前でも気取らずにありのままの自分でいる。

このありのままの姿を見せることができるだけ石田さんちは常に自然体なのだ。

子供をついつい甘やかしてしまうやさしいお母ちゃんを見ていると自分も反抗期のころに母親にひどい口の利き方をしていたのを思い出し母親にはひどいことを言ってしまったなあと後悔の気持ちになってしまう。

毎日何時間も満員電車に揺られ遅くまで働いて大家族を養っているお父ちゃんを見ていると

育ててくれた親への感謝の気持ちで胸がいっぱいになる。

石田さんちの大家族を見ていると家族とは実に素晴らしいものだと実感するのだ。

AD