広島カープの新グッズ「3色ボールペン」がスゴすぎる訳

AD




広島カープが新しい球団グッズを発売前にお披露目した。
その中身が面白い。

まず駐車場などで使うコーン。真っ赤なコーンの先は取れるようになっており、巨大なメガホンとして使える。これで応援すれば、カープの優勝も間違いなし?でも、球場では前の人の頭にぶつからないようにご注意を。

それから「進化したアヒルは赤かった」と銘打ったラバーダック。頭にはカープのキャップも被っている。これでお風呂の中でもカープの応援が出来ます?ということだろうか?

更に「ブィッを呼ぶ幸運のブタ」と名付けられた赤い豚の貯金箱。全身真っ赤で「Carp」の白い文字も入っている。頭にはカープのキャップ、何故か前足の横には白いハートが描かれたバットも付いている。

しかし、何と言っても今回のグッズの中で目を引くのは「3色ボールペン」だろう。
この3色ボールペン、実は3色とも「赤」なのだ。何故?と聞くまでも無く、カープだから赤なのだが、ここまでやるとは、この思い付きには脱帽してしまう。
しかし、ただ同じ赤ではなかった。3本のボールペンの太さが違っているのだ。0.5ミリ、0.7ミリ、1.0ミリと3種類の太さになっている。
ここは流石に考えたなと笑える。

ボールペンの名前も「3色ボールペン」(赤)(赤)(赤)。
カープの今年の活躍も気になるが、この3色ボールペン、果たして売れるか、売れないか。

ボールペンといえば、最近話題になったのが、消えるボールペンだ。

消しゴムで消すことができちゃうボールペンである。これは海外でも非常に人気らしく、とくにヨーロッパ圏において、非常に評価が高い。

なぜかといえば、向こうでは、学校の勉強に鉛筆やシャープペンシルは使わないのだ。ボールペンを用いる。宿題もボールペンでやる。だから、ボールペンが消せないのは不便だった。では、彼らは、いままでどうしていたか、といえば、

修正液を使っていたのだ。

それは、この商品が発売されたら買うわな、と思う。

AD