ジャパンスケッチ456

タイムリーな話題を独自視点で解説

【意外?!】2月22日ネコの日のイベント、その起源と影響力

PR

f:id:nekopanda999:20150222134035j:plain

昨夜からネットで何かとネコの書き込みがみられ、カレンダーを見ると2月22日となっていた。
ニャンニャンニャンとういう語呂合わせで、2月22日はネコの日であるという。

猫の日は1987年にネコの日実行委員会が制定したという記念日とされる。
ネコといえばイヌと双璧を成すペットだが、その数は犬1200万匹に次ぐ960匹というが、野良猫も多い事からその数は犬に匹敵するかそれ以上かもしれない。

ネコの先祖は「リビアヤマネコ」と言われ数千年前に人間に飼われ改良されてゆくが、それ以前からの使役の犬とは違い、ネズミ捕獲の他には愛玩動物として改良されてゆく。
日本に家猫が入ったとされるのは奈良時代の頃、中国からの経典をネズミの害から守るために一緒に連れて来られたと言われ、文献としてネコが描かれるのは、昌泰2年(888)年の宇多天皇の黒猫の飼育日記というものが最初であるという。(ネコについての最古文献は日本霊異記とも)
犬と比べて気まぐれだが野性味があり少々オバカで愛嬌もあり、そのしなやかさや柔らかさに惹かれる人は今も昔も多いようだ。

古くからの愛玩動物でもあり現在までに多くの作品に見られるが、ネコの日ということで、各地でアートクラフト展などもおこなわれ、ガラス細工や人形、陶芸や絵画、写真集やDVD、最近流行のネコカフェでも様々なイベントが催されたようである。
又、時代を反映してか、ネコ耳帽子や同ヘアバンド同ヘッドホンなどというものもあり、子供や若い女性がつければ可愛らしいものも見られる。
更に、大きなネコということで動物園のライオンやトラなどにマタタビをあげ、その様子を見せるなどのイベントも行われたという。

そんなネコに関するイベントは世界にもあり、ロシアでは3月1日、米国10月29日(野良猫の日)・イタリア2月17日(黒猫の日)・台湾4月4日・中国8月27日(猫祭り)・デンマーク2月4~46日まで(ファステラウンという黒猫の得を貼り付けた樽を割る)などがある。
黒猫については魔女狩りの時代に多くの猫が犠牲になった名残や慰霊のものようで、そして、世界共通とされるのが8月8日なのだそうだがその理由は不明である。