ジャパンスケッチ456

タイムリーな話題を独自視点で解説

【画像が美人すぎる!】大塚家具の大塚久美子氏が綺麗すぎる件

PR

あえてこう言いたい。大塚さんちの親子喧嘩はスケールが大きいことと言ったらない。正直、一般中流家庭から見て、少し背伸びしたら手が届く高級ブランド家具店の創業者一家のこういう親子喧嘩は見たくない。夢が壊れてしまう。
実際のところ、どうしてここまで喧嘩がこじれてしまったのかは、部外者には分からないが、簡単に言えば、父親の側からすれば、自分が一生を捧げて築き上げたものを、娘が壊そうとしているように見え、娘の側からすれば、古い考え方に縛られて、時代の流れを読めていないということになのだろう。
ただ、一連のニュースを見て、一つ気になったことがある。家具の販売方法について、父親である会長が主張する方法は、会員制で、店員がついて回る方法なのだそうである。家具のファーストファッション化が進む中、大塚家具で家具を買おうとする人の中には一生物だからここでと思っている人もいるだろう。だから、徹底して迷いたいのだけれど、店員がついて回るシステムだと、じっくり見られない、十分に迷いきれないということが起こるのではないか。私は高級品を買いなれない一般庶民なので、この点については、社長の娘がいうこれだと気軽にふらりと入れないというのに、一票かなと思う。
とはいえ、企業内における内紛は別に珍しいことではない。大塚家具以外でも、ニュースになるほどの喧嘩はあった。だから、いずれ落ち着くところに落ち着くだろう。無責任な言い方だが、社員の方にはもう少しの辛抱だと言いたい。

という内紛についてはひとまずおいておいて、
とにかく、大塚久美子氏が美人なのだ。

大塚久美子氏(第16回「私の哲学」)

リンク先のページ(公式)で紹介されている写真を見るだけでも
かなりのクオリティだとわかるだろう。
こんな社長だったら仕事が楽しくてたまらないのでは・・
なんて思ってしまうのは私だけだろうか。
うん、とても綺麗な女性だ。

素敵なだけに、結婚はしてるのだろうか?独身?恋人は?子供は?年齢は?
スリーサイズは?写真集はあったりする?

などと、プロフィールをいろいろ知りたくなってしまうのが悲しい男のサガだろうか。

いろいろと彼女と父親の間には問題があるみたいだが、
素敵な彼女の笑顔でうまく乗り切ってほしいものだ。