ジャパンスケッチ456

タイムリーな話題を独自視点で解説

噂の「生しるこサンド」は、どこで食べられる?値段は?

PR

愛知県民のソウルフード的存在であるお菓子「しるこサンド」。その「しるこサンド」を製造している松永製菓が、イートインもできる直営店「しるこサンドの森 あん・ビスキュイ」を、2015年2月26日、愛知県小牧市にオープンしました。
その直営店でしか食べられないという「生しるこサンド」がマスコミで紹介され、にわかに話題になっています。
「しるこサンド」は、北海道産あずきとリンゴジャム、はちみつなどを練ったあんを、ビスケット生地で挟み、焼き上げた、3層構造の焼き菓子です。使われているあんは「こしあん」。松永製菓では、以前から地元で人気のつぶあんを使いたい、と考えて試行錯誤していたものの、これがけっこう難しく、今までなかなかうまくいかずに、こしあんだけになっていました。
そこで、「つぶあんを使ったしるこサンド」を体現するために作られたのが、「生しるこサンド」なのです。
「生しるこサンド」は「つぶあん」「こしあん」の2種類あります。北海道産あずきを使ったクリームを、2枚のクッキーで挟んであります。価格は、「つぶあん」160円、「こしあん」140円、どちらも1個・税込価格です。
直営店でしか手に入らないことや、松永製菓のホームページにも詳細が載っていないこともあり、どんなものか気になっている人が続出しているようです。