【訃報】女性キャスター宮崎聡子さん告別式、 仲代達矢さんのことなどを改めて知る

AD




元アナウンサーでキャスターの宮崎総子さんが2月24日亡くなり、28日に告別式が行われたといいます。

メリハリのあるシャキシャキとしたしゃべり方と、笑顔が印象的な女性司会者の印象のある人でした。
死因は心不全・年齢は71才と、女性の平均寿命が86才であることを考えると、まだまだ若くして亡くなったといえそうです。

13年続いた「奥さま8時半です」の印象が強い為TBSのイメージがあったのですが、元フジテレビのアナウンサーでフリーになったのだそうです。
その他に、実の姉(故人)が俳優の仲代達矢(82)の奥さんで、仲代さんとは義理の妹に当たる関係であった事、更に、実の娘の奈緒さんが仲代さんの養女になっていたなどの関係は知りませんでした。
又、実子ながら仲代さんの養女となった奈緒さんが、2013年3月の東日本大震災で体調を崩し、1年間フィリピンボラカイ島と日本を行き来していたこともあるといいます。

それでも、10年前に心臓の一部に壊死が見つかっていたそうですが普通に生活していたといいます。
しかし、昨年から心疾患の影響による体調不良で半年ほど入院していたそうで、それなりの予兆というものはあったようです。

1996年、仲代さんの奥さんで実のお姉さんが亡くなったのも65才と考えると、何ともいえないものを感じさせられますが、謹んでご冥福をお祈りしたいと思います。

AD