ジャパンスケッチ456

タイムリーな話題を独自視点で解説

地震発生!今日の地震は、岐阜美濃地方を震源として発生。3月4日に日付変わって早々に

PR

 本日、3月4日に日付が変わって早々、地震があった。地震発生時刻は、0時8分。
震源は岐阜県美濃地方中西部。マグニチュードは4.9。真夜中の地震であるのだが、
かなりのアクセスである。アクセス数がかなり上がり、短時間でもアクセスランキングのトップにもなった。

  マグニチュードこそ4.9だったが、冬の夜中でもあり、3月11日が近づいてきていることもあってか、オンラインアクセス数の伸びがはっきりと見られたようである。そうなのだ、皆、あの、巨大地震を思い出し、不安に駆られたと思われる。

なぜ、この地震に多くのひとが興味を示したのか。

まずひとついえるのは、震度も東海・中部地方を中心に、震度4を記録していたため、地震の強さに緊張を覚えた方々が多かったことが伺える。震源は確かに区域分けで、岐阜県美濃地方中西部であるが、はっきり言えば、愛知と岐阜の県境上といっても良い位置である。

岐阜は山岳地帯の飛騨地方と、これと対象的な広がりある平野部の美濃地方に分かれており、美濃地方は強固な地盤・岩盤が保証されているわけではないためゆれが大きかったのだろう。

 また、二番目の理由として、これほどの体感地震が久々だったから、ともいえる。今日地震を感じた岐阜美濃地方や愛知西部の2~3年の地震発生一覧を見ると、去年の8月ごろに震度3(震度4に届くかどうかも疑わしい)の地震が単独で発生したきりで、それ以降は静かな日々であった。

やはり、東日本大震災以降、人々の地震にたいする感覚はかなり敏感になっているのだろう。日本は地震国。今後も地震に対する備えは、万全といきたい。