川崎中1河川敷事件の実名報道・週刊新潮において

AD




週刊新潮において川崎中1事件の実名報道がされた。日本中を震撼させた大きい事件であり、被害者は、川崎市に住む中1の上村翔太君だった。以前から、不良グループとトラブルがあったと言われ、その関係者が犯人だろうと言われていたが、案の定犯人だった。その犯人の父親は、テレビ局のインタビューに対し、息子は犯罪者ではないと明言していた。しかし、警察署で自供した事により、父親本人もショックを隠しきれないようだ。

この事件は、18歳の無職少年他、17歳の不良仲間二人が、警察に逮捕されている。報道されている防犯カメラに映っていた三人である。主犯格の18歳の少年だけが行ったのかその他二名もこの事象に加わったのかという点で供述に食い違いが見られる。いずれ真実が解かる事だろうが、18歳の少年が主犯格である事に変わりない。

この事件では、既にこの三人の実名や画像が、ネット上で晒されている。また、主犯格の少年の自宅も特定されており、落書き等の被害にもあっているようだ。18歳は、少年法で裁かれる。また、実名報道もされない事になっている。それが現段階でのルールであり、事件が凶悪だからどうこうの問題ではない。しかしながら、あまりにも凶悪犯罪であるため、容疑者の自宅や顔写真、実名を晒す者が絶えない。この流れに乗ったのが、週刊新潮である。実名報道や少年法を改正しても上村翔太君はこの世に戻ってこないし、今後もこういう犯罪は起こるだろう。しかしながら、この少年の過去の行動を鑑みれば、こういう事件がいずれ起こるというのは明らかであり、未然に防ぐ手立てを法や社会システムとして考える必要があるだろう。

AD