【Iカップ画像】広田レオナは興奮度マックス・旦那の吹越満と共演だ

AD




Iカップで有名な広田レオナ。

本名は、吹越 久美(ふきこし くみ)という。
北海道札幌出身の彼女。
この度、映画「お江戸キャンディー」の公開初日の舞台あいさつが行われた。
これに伴い、旦那の吹越満との共演など、大きく話題となった。

この広田レオナ。デビュー時は、広田 玲央名(読み方同じ)で芸能界入り。
私生活でも仕事でも波乱万丈の人生を歩んできた。
現在、50歳を超えたものの、誇るべきIカップと、その美貌で、日本中の男性を虜にし続けている。

ライオンのごきげんようで、押さえないとはじけ飛ぶほどの巨○であることを暴露。
また、彼女は予知能力があることもここで告白している。

彼女の持つ予知能力とは、
なんと、朝の4時か5時ころに見る夢が、1週間後に必ず現実になるというもの。
恐ろしい能力だ。
俺だったら、怖くて夜眠れなくなってしまうだろう。

しかも、広田レオナは、
娘の出産後、線維筋痛症という難病にかかってしまう。
これは、体の中を常にガラス片が流れているような激痛に襲われる病気で、
元日テレの女子アナ・大杉(旧姓鈴木)君枝さんが出産後に、この病気にかかり、
その毎日の激痛に耐えられず自ら命を絶っている。
それほどの病気だ。

彼女は、その病気に4年間耐え抜き、みごと、復活を果たした。
真木よう子にも似ていると噂される彼女。

その持ち前のガッツと美貌で、今後も、日本中、いや世界中の男たちを狂わせ続けることになる。