ジャパンスケッチ456

タイムリーな話題を独自視点で解説

後藤久美子さんは今尚美人!そして子供の写真はどれも可愛い!

PR

往年のアイドル。後藤久美子さん。

年齢を重ねても、何歳になっても、綺麗である。

伴侶は、元F1ドライバーのジャン・アレジ(フランス人)さん。
なんとも華やかである。
実は、実際には結婚はしておらず、事実婚という形式を取っている。
なぜならば、フランスは結婚の手続きがいろいろと複雑ということで、この形式だそうだ。

彼との間に子供が3人。
長女が、エレナ舞乃さん、長男がジュリアーノ龍くん、次男がジョン龍司くん。
子供の写真画像

ゴクミの愛称で、1980年代から90年代にかけて、日本を代表するアイドルスターだった、後藤久美子。
今尚、彼女の美しさは衰えてはない。むしろ輝きが増しているくらいだ。

いったい、どれくらいの男性が、彼女に憧れ、彼女を追い、彼女を諦めたのだろうか。
それくらいのインパクトが、当時の彼女にはあったのだ。

彼女といえば、1989年のTBSのドラマ「空と海をこえて」を思い出す。
まだ、インターネットがなかった時代。
しかし、世の中は徐々にパソコンが普及を始めており、
当時一部のマニアの間で「パソコン通信」と呼ばれるものが存在していた。
これは、インターネットに似てはいるが、世界中はつながっておらず、
単一のサーバに電話回線でアクセスして接続している者同士でのみ、チャットなどのコミュニケーションができるというものだ。

このパソコン通信をテーマにした、当時としては非常に斬新で珍しいドラマが、この
「空と海をこえて」である。
主演は、後藤久美子さん。他にも共演が、加藤茶、荻野目慶子、などの面々が出演していた。
石垣島から船で1時間の距離にある新城島(あらぐすくじま)を訪れた登場人物たちが、病院もなにもないその島で、食中毒を発症してしまう。一人だけ食中毒を免れた、桂木あかね(後藤久美子)が、パソコン通信を駆使して助けを求める、といったストーリーだ。
このドラマは、各方面に反響を呼び、当時人気絶頂だった彼女をさらに押し上げるのに一役かったと記憶している。
後藤久美子。青春時代は、彼女だった、という男性も多いことだろう。
彼女のこれからの更なる活躍を期待したい。