ジャパンスケッチ456

タイムリーな話題を独自視点で解説

【動画が痛そう】なぜ片岡にも死球を?その理由とは。岡田が死球&阿部激怒巨人と中日に警告

PR

youtubeにアップされた動画を見ると、まず言えるのは痛そう!ということ。

そう、中日の投手、岡田が最初、巨人阿部に対して死球をぶつけた。
痛そう。これはひどい。
そんな目に合わされたにも関わらず、そこは冷静で大人の阿部。
怒りの形相によって岡田投手をにらみつける。
バツの悪そうな岡田。

ここまではまぁ、通常のよくある光景だ。
投手も、力んで球が抜けてデッドボールになってしまうことはよくある。
あってはならないことだが。
でも、仕方ない事故というものはスポーツには起こりうる。

しかしいけないのはここからだ。

なんと、岡田投手は、2アウト1塁の場面で、次は巨人の片岡に倒してもまた死球を与えたのだ。
ひどい。
これは誰でも怒る。

巨人のベンチからは首脳陣も飛び出し、岡田投手の行為について、激昂。
まさに乱闘寸前の状態まで発展したのだ。

それに対して、審判は「警告試合」を宣告。

警告試合は没収試合ではない。

そう、試合はそのまま続行されるのだ。

では、警告試合とは何か?

それは、もし、そのあとに、先ほどの行為に対しての報復行動などをとったり、取ろうとした場合に、即、選手や監督を退場させたり、もしくは試合を強制中止(没収)しますよー、ということなのだ。

しかしながら乱闘にはならなかった今回の事件。
問題なのは、乱闘になりそうだったことではなく、2度も危険なデッドボールを相手に与えてしまったということ。なぜ、岡田投手はこんなことをしでかしたのか。
ここで湧き上がるのは、
その動機は?恨みなのか?わざとなのか?手が滑った?すっぽ抜けたから?単純なミスなのか?という、なぜ、という疑問だ。
2度も立て続けに死球を与えれば、乱闘状態になることは選手も重々承知しているはず。
そして、死球を与えた後のバツの悪そうな、すまなそうな、岡田選手の困った顔を見れば、おそらくワザとではない、とうのは想像が付く。

つまり、1度死球を与えてしまった。もうミスはできない、というプレッシャーに、岡田選手が負けたと考えるのが自然なのかもしれないのだ。

絶対にしてはならない、となったとき、人は異常な精神状態となり、その「絶対にしてはならない」ことをピンポイントでやってしまうことがあるそうだ。
それは本人が望んでも望まなくてもそうなる、という心理があるみたいだ。

しかも、最初の死球にしたって、そもそも送球が定まらないが故のものであるとしたら、そんな不調のときに、さらにその大きいプレッシャーを感じたら、精神的に弱い人であったり、もしくは気持ちが弱っているとき、あれば、それに負けることはありうるのだ。

だからといって、自分からもうマウンドを降ります、なぜなら死球怖いんで。とは言えないだろう。

その状態で投球を続けざるをえないまま、2球目の死球を相手選手に与えてしまったのだろうか。

まあしかし、プロ野球の選手であるからには、当然「プロ」としての精神力が要求されるわけであり、1度死球を与えてそのプレッシャーで2度目を与えるようでは、プロ失格なのかもしれないが。 

今回はイレギュラーなケースということで、今後、このようなことが起こらないことを願いたいものだ。