ジャパンスケッチ456

タイムリーな話題を独自視点で解説

【写真集とか色々ヤバい】橋本マナミ・ビートたけしに口説かれ話題に・彼女の写真集の写真はかなりやばい

PR

叙々苑カップ 芸能人ゴルフチャンピオン決定戦に参戦したビートたけし。

61人もの芸能人が参加し、大いに盛り上がったこの決定戦。
神奈川県内で開催され、ビートたけしが初優勝を飾った。

これに対してマスコミの取材を受けたビートたけし。
一緒にラウンドした、今話題のグラビアアイドル「橋本マナミ」30歳を口説いたことが判明

残念ながら断られてしまったそうで、愛の19番ホールは無かったそうである。

危うく、たけしの愛人にされそうだった橋本マナミ。
今とてもホットな彼女だ。

最新の写真集が「MANAMI BY KISHIN」
あの篠山紀信が撮影した本作品。これも大変に好評である。

そして、なんといっても写真がやばい。色々とやばい。

他にも、「浪漫」「団地妻・夫に内緒で・・」「あなたへ」「やさしさに包まれて」など数々の写真集が大ヒット。
いま愛人にしたい女性No.1の座をゲットするだけのものがあるのだ。

「駆け込みドクター!運命を変える健康診断」

「女の体当たりリサーチ番組んぜ?そこ?総集編」
「世界の衝撃映像100連発 vol.4」
「そうだ旅に行こう」
「昼めし旅」「ミレニアムズ」
など、出演番組は多岐にわたる。

プロフィールを簡単に紹介すると

本名は細川愛美(ほそかわまなみ)で、生年月日(誕生日)は1984年8月8日。
出身地は山形県。出身高校は、山形城北女子高等学校なのだが、途中で、堀越高等学校へ転校し、そちらを卒業している。年齢は現在30歳。血液型はAB型。
身長は168cm。体重は48Kg。
高身長な上にスレンダーなボディだ。
靴のサイズは24.5cm
兄弟は弟が一人いるそうだ。
その弟が羨ましいと感じるのは私だけだろうか?

現在の芸名は、橋本マナミ(はしもとまなみ)、と名前の部分がカタカナであるが、旧芸名は名前の部分が漢字であり、橋本愛美だ。

彼女のデビューの切っ掛けは、第7回全日本国民的美少女コンテストで演技部門賞を受賞したこと。
なぜ本名と芸名が異なるのかといえば、本名の細川愛美だと、すでに有名な芸能人(女優)である細川直美と紛らわしかった為らしい。
実は、芸名の橋本は、母方の姓だということである。
そのため橋本愛美でデビューした彼女。
しかし、その後、愛実という名前が実は姓名判断において、芸能運が最悪であることが判明する。
これはまずい、ということで、もっとよい画数として「マナミ」とカタカナに改名したということだ。

膨大な数のテレビドラマやバラエティ番組に出演している彼女。
オスカープロモーションのフットサルチーム「表参道BEAUTY」の元メンバーでもあったりする。

本当に清楚な雰囲気と妖艶な空気両方を同時に身にまとう彼女。
そしてスポーツも得意でフットサルやゴルフもこなす。
そのうえモデルのような身長と体型。
これは世の中の男性はほおっておく訳がない。

ちなみに、今回彼女を口説いたというビートたけし。
すでに他の愛人がいるらしく、「俺の3人目にならないか?」と口説いたそう。

実際にビートたけしの愛人とは誰なのだろうか?

実は週刊文春において、たけしの愛人が2014年にスクープされている。
18歳年下の黒髪の美女とされるA子さんとの交際を報じたのだ。
「ビートたけし100億円の愛人」と題したこの報道。
妻の幹子さんとの週一度の食事もキャンセル続きになるほどのめり込んでいたと報じられた。
彼女との同棲のおかげで妻と娘とは絶縁状態とも言われているらしいが、本人は否定。
芸能界のビッグボスだけに噂は絶えない。
真実のほどは如何に。