【罰則は?】6月からの自転車ルール厳罰化・将来は免許制も!?講習の義務付けへ

AD




スマートフォンを使いながら運転する人がいるなど、自転車のマナーの改善が叫ばれる昨今。

ついに、道路交通法が改正され、6月から携帯電話で話しながら走ったり、ブレーキのない自転車で走ったりした際に、呼び出され、講習を受けなければならなくなる。
他にも、酒酔い運転(飲酒運転)や一時停止の標識があるのに、徐行だけで通過しようとしても、アウトだ。
もちろん、信号無視もアウト。踏切立ち入りもだめだ。
これらの違反を警察が取り締まるようになる。
今回の改正によっても改善が見込まれない場合、将来は免許制になる、なんてこともあるかもしれない。自転車教習所で免許を取得しなければ自転車には乗れない、なんてことになったらいやだなあ、と思ってしまう。
自転車が歩行者をはねてしまうような事故も多発していることから、こんかいの法改正は時代の流れとして必然だろう。自転車と車は違うと思って、自らは歩行者と同じだと勘違いしている自転車の運転者が多いからだ。
本来は歩道も走ってはならない自転車。しかし、それが守られているとは言えない現状。
逮捕された場合、講習を受けなかった罰則は、5万円以下の罰金だ。
対象は14歳以上。危険行為1回で即、ではなく、違反切符のようなもので、1年に3回で講習か、罰金となる。現在、懲役刑などはない。
手軽さが売りの自転車ではあるが、ルールは守っていきたい。

AD