ジャパンスケッチ456

タイムリーな話題を独自視点で解説

【訃報】今いくよさん死去・67歳・胃がんで闘病中

PR

今までの彼氏より、がんの方が長い付き合いになると思う。

そんな漫才師らしいコメントで、がんとの闘病を明かしていた「今いくよ」さん。
昨年の9月に、京都市よしもと祇園花月の番組後に、体に異変を覚えたという彼女。
9月8日に、自宅の近くの医院にて診察を受けた。ここがかかりつけのお医者さんだったからだ。
おへその周辺にしこりを認めた。精密検査をすることになった。
大きい病院で精密検査をした。
胃癌が見つかった。
手術ではなく、選択したのは抗がん剤による治療。
そして、昨日。大阪府内の病院において帰らぬ人となってしまった。

その発見からのあまりに早い進行は、胃がんでも悪性と呼ばれるスキルス胃がんだった可能性がある。
スキルス胃がんは、発見がどうしても遅くなることが多く、発見後も予後が悪いことで有名だ。
胃の粘膜の下にがん細胞が広がっていくので初期症状や出血もなく、なかなか見つけることができないのだ。
そして進行が早く、転移がしやすい。

今いくよさんは、人気漫才コンビ「今いくよ・くるよ」に所属。
今回亡くなられた「今いくよ」さんは、
本名が里谷正子
生年月日は1947年12月3日生まれ
年齢は67歳。(享年67歳)
出身は京都。
痩せすぎているほどの体型が特徴。

相方の今くるよさんは、
本名が酒井スエ子
生年月日は1947年6月17日
出身は同じく京都。

二人は高校時代、同じソフトボール部に所属しており、それぞれが、センター(いくよ)とマネージャー(くるよ)をやっていた。ここで知り合ったふいたり。よほど気が合ったのだろうか。二人で漫才師の世界へと進むことになった。

1970年にOLを辞め、島田洋介・今喜多代に弟子入りした二人。
着々と実績を積み重ね、日本を代表するお笑い漫才コンビへと成長した。
特に解散することもなく、ずっと二人で活動を続けてきた。

間違いなく彼女は、日本の漫才史にのこる1ページを刻んだひとりである。