【速報】フェリー太陽、無事屋久島に到着!宮之浦港へ

AD




17時20分頃、フェリー太陽が無事、屋久島宮之浦港へと到着した模様だ。

順々にタラップから住人が下船し、島の土を踏みしめている。
島民120名ほどがこのフェリーで、鹿児島口永良部島から避難してきた。
口永良部島の北東部の集落に暮らしていて、島の避難所に集まれなかった8名の島民については、別途、海上保安庁のヘリで、屋久島へと先に避難しているようだ。
また、島民が飼っていた犬などのペットも一緒に避難出来ている様子で、一安心だ。

フェリーが到着した屋久島の桟橋には、マイクロバスが複数台待機していて、島のいくつかに別れた避難所へと今後移動することになる。
安全な場所へ到着したとはいえ、これから避難所生活が始まるわけで、本当に島民の気持ちが休まるのは、噴火が収まり、自宅へと帰宅できた時だろう。

フェリー太陽も今回は大役を果たした。そして、普段は定期航路を走るこの船の名前も、全国的に知れることとなった。

島民は、島の避難所からそれぞれが車で口永良部島の桟橋まで移動してきたということだが、フェリーとはいえ、島民たちはおそらくであるが、車は島に置いてきたのでは、と思われる。最低限度の荷物での避難なのだろうか。

今後も島の噴火情報についてだったり、避難先の情報など、続報が待たれるところだ。

AD