ジャパンスケッチ456

タイムリーな話題を独自視点で解説

【最安は】ハンマーダルシマー購入をしたい・どこで買える?価格は?

PR

花子とアン挿入曲にも使われ、梶浦由記さんの紹介で、一躍有名になった楽器、ハンマーダルシマー。

ダルシマーの語源はラテン語で「美しい音色」。
幻想的な音が特徴的な、ヨーロッパを起源とする、楽器だ。

構造的には、木製の台形の箱があり、そこに、何十本というスチール弦をはったもの。
その弦を木で出来たバチを使って、叩いて音を出す。
美しくハープのような音色だ。

実は、最初の起源は思ったより古く、なんと2000年ほど前のペルシャらしい。
そこからイギリス、アイルランド、オーストリア、チェコ、タイ、中国、アメリカなどへと伝わったという。
そして、なんと、驚くことに、この楽器が進化して出来たのが、ピアノ、だという。

自分でも演奏してみたい!と思った方も多いだろう。
(私もその一人だ)

では、いざ買うとなると、どこで購入できるのだろうか?

PR (広告下に記事が続きます)

 

ハンマーダルシマーはどこで買える?

最安価格はいくらか、であったり、サポートはあるの?など知りたいことが多い。
そもそも、ハンマーダルシマーは販売しているのか?と気になるが、

札幌のハンマーダルシマー奏者、小松崎健(こまつざきけんじ)さんが、運営するページで輸入代行販売を行っていて、そこで購入できそうだ。
リンクをこのページ下部に設置してあるので、そこから飛んでみて欲しい。


様々なメーカーがあるうち、現在、Dusy Stringsのダルシマーは取扱い停止中。
しかし、TK O'briensバックパッカーダルシマーは取り扱っているとのこと。
5月30日11時現在、在庫もあるらしいので、早い者勝ちで即入手可能だ。
なので、欲しい人は急いだ方が良いかもしれない。
こちら、大きさがノートパソコン程度。
普通のダルシマーより小さい分だけ、オクターブが高くなる。
音色的にはオルゴールのような感じだそうだ。
初めてダルシマーを始めたい人にお勧めだというのとなので、ハンマーダルシマーに興味と持って、自分でもちょっとやってみたいな、と思った場合には、ひとまず、これを入手して、試してみるのもありだろう。
気になるお値段は32,000円とのこと。
これが現在の最安だろう。
かつ、最短で手に入るハンマーダルシマーではないだろうか。
送料などはページで購入の際に確認してみてほしい。


これでハンマーダルシマーを実際に弾いてみて、感覚がつかめてきたら、さらに上級コースとして、もっと高い機種へのグレードアップもいいのではないだろうか。

ハンマーダルシマーは、メーカーとしてはDusy Stringsが定番のようで、こちらは最安でDusty Strings プレリュードの150,000円から、一番高いものでは、420,000円なんてものもあるようだ。


販売サイト:

ダルシマー輸入代行販売 - kenjikomatsuzaki Jimdoページ


また、買うだけではなく自分でもレッスンをきちんと受けたい、と思ったら

東京・関東エリアでの教室は、@小野路ピアノカフェショパン
東京都町田市在住の講師、橋爪みち子さんのハンマーダルシマー教室がある。
楽器が無い場合、貸し出してくれるそうなので、レンタルでレッスンを受講してみてから購入を決めてもよさそうだ。

LESSON01 - ハンマーダルシマー奏者:MIMI


関西エリアでは、
【神戸六甲道徒歩2分/音楽教室】稲岡大介 ハンマーダルシマーレッスン | 神戸 六甲道駅徒歩2分の音楽練習室|スタジオアコースティック

こちらが存在するようだ。


新しい楽器と共に、新しい生活を始めてみよう。