【新ダイヤは?】津波被害の仙石線、全線が復旧・記念式典も

AD




 津波によって多大な被害を受けた、宮城県石巻市と、仙台市を結ぶJRの路線だ。

とてものどかな風景が続く路線で、仙台を観光する際に、松島水族館に行くときなど、他県の人でも仙台駅から利用したことがある人も多いのではないだろうか。
この仙石線、津波で大きい被害を受けた。
列車ごと津波に飲み込まれ、線路も破壊された仙石線。
震災後も、ずっと一部区間が不通となり、代替バスなどによる運航となっていたのだが、それが、なんと、4年2か月ぶりに全線復旧したのだ。

まったく同じ場所に線路を敷いたわけではなく、被害の大きかった区間については、内陸部の高台に移すなどの工夫をした上での、全線復活である。より津波などの災害に強い仙石線が生まれたともいえる。

新しい線路は、500mほど内陸にある山を切り開いて作ったそうである。
津波によって破壊された野蒜駅も、新たに作られ、再開を祝う記念式典も開かれた模様である。

また、JRの石巻駅では、上り一番列車の運転手に花束が渡されたそうだ。

これによって、ダイヤも新しくなった。こちら5月30日からのダイヤ改正となる。
5月30日のダイヤ改正によっての告知は、
仙石東北ラインについて、仙台~石巻駅間で新たな直通サービスを開始
仙石線について、あおば通~石巻駅間で全線運転再開
東北本線では、仙台~松島駅間で列車本数を見直し
東北本線、石巻線では、小牛田経由で運転している仙台~石巻駅間で運転している直通快速は運転を終了
とのことである。
また、運賃や運航時刻も新しくなるということで、詳しくは以下のJRのホームページを確認してほしい。

東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社

これを機会により一層、復興に弾みがつくことを期待したい。

AD