ジャパンスケッチ456

タイムリーな話題を独自視点で解説

【衝撃告白!】勝谷誠彦うつ病だったことが判明・どんな症状?

PR

コラムニストの勝谷誠彦氏が、週刊SPA!6月2日号の自身の連載「ニュースバカ一代」において、

自らが「うつ病」であることを告白した。

有名な人故に、容態は?ショーは?今後の活動は?なぜ?と疑問も多く湧いてくることだろう。

そうなのだ。それ故、作家として、そして小説家として、同病の人にメッセージを伝えたい。そう思ったそうだ。

普通は、だんだんと具合が悪くなっていくことが多いし、誰もがうつ病にはそういうイメージを持っていると思うが、彼が言うには、突然「ドスン」とやってきた、という。

突然、寝床から身体が起き上がらなくなった、という。
精神面だけでなく、身体症状も現れることが多い。

近年では、「ツレがうつになりまして」という漫画が大ヒット。そこから実写映画化もされた。
日本人の国民病ともいえる「うつ病」しかし、その実態には、まだまだ世間の大きな誤解が大きい。

なんか最近「うつっぽい」んだよね。なんて言葉が日常語になっているせいか、「うつ」とは、気分の優れない落ち込みを指す言葉だと思っている人も多い。なので、自分の気持ちの持ちようなので、気持ちをちゃんと張れば、簡単に治るものだという勘違いが多い。
もし、忙しい職場の同僚がある日「うつ病」で会社に来なくなったら、「ふざけんなよ!辛いのはお前だけじゃない。なにを甘えているんだ」と、思う人、多いのではないだろうか?
「うつっぽい気分」と「うつ病」は明確に違うものである。
かつては医者の問診に答えて判別するほかなかったので、本当はうつ病でない、一時的な気分の落ち込みも「うつ」とされる場合もあり、非常に、その境界が不明確に見えた。
しかし、実際は、「脳の中である意味物理的に問題が生じている状態であり、近年の医学では、問診以外の方法で判断できるようになってきたのである。
悪化すると、自殺による死亡率も高い。心が元気でうつ病とは無縁そうな人でも関係なくかかるのがこの病なのだ。なので、「甘えんなよ」と言っている人。実はあなたがある日突然うつになることも十分にあり得るのである。