ジャパンスケッチ456

タイムリーな話題を独自視点で解説

【桃太郎電鉄シリーズ正式終了】「コナ○が握りつぶした」さくま氏怒りツイッターで報告

PR

桃太郎電鉄の作者である「さくまあきら」氏が「桃太郎電鉄シリーズ」を正式に終了すると発表した。

いったい、理由はなんだろうか?どうして、いきなり、そのような発表に至ったのか?

さくまあきら氏は、Twitter上で、正式終了を宣言。

そして、その理由として「コナ○が握りつぶした」とコメント。

「コナミからずっと連絡がない、こんな調子でずっとほったらかされた」とも。

コナ○(の担当者?)とさくまあきら氏の間にある確執が原因のようだ。

コナ○は、桃太郎電鉄シリーズをスマホのソーシャルアプリ化したいと考えてたという話がある。

いまのドル箱であるソーシャルアプリ。人と人とのコミュニケーションに、課金の仕組みを乗っけて多くの企業が業績を大幅アップされている。

任天堂も、当初は、スマホのソーシャルゲームにはマリオを出さない。といっていたが、株主の要求も強く、結果的にDeNAと提携し、スマホアプリに進出することになったくらいだ。

当然、コナ○も、同じようなことは考えているはずで、その方針にたいして、さくまあきら氏が納得できなかった、という側面があるのかもしれない。

個人的には、桃鉄はみんなでやるゲームなので、ネットを介して大勢でスマホでプレイできたら楽しいだろうな、と思うのだが。

実際に、詳細はわかっていないので、さくまあきら氏も、そのようなことは考えているかもしれない。ただ、会社側との方針の折り合いが付かないのだろう。

しかし、これで桃太郎電鉄がなくなってしまう、というのは、悲しすぎるのだ。

リニアも2027年に開業する。これからの桃鉄には、「リニア」がなにかしらの形でゲームに登場するのでは?と期待して居ただけに、ここで終わらせてほしくはないのである。