ジャパンスケッチ456

タイムリーな話題を独自視点で解説

【黒田さんが美人すぎ】ストーカーか?松山市・黒田美貴さん事件で僧侶の男(37)を逮捕

PR

昨年2014年の12月、愛媛県松山市在住のネイリスト黒田美貴さんが自宅で襲われ帰らぬ人となった事件で、警察は37歳の僧侶の男性を逮捕した。

この容疑者の名前は、来見佳典(くるみよしのり)。
犯人は、12月16日午後4時半~午後8時半ごろにアパートの3Fのト黒田美貴さんの自宅の部屋で、彼女を襲ったとされているのだ。
その当日の夜に、彼女の知人男性が発見。通報。
そのときの警察の捜査によると、彼女の携帯電話がなくなっていたことから、犯人は顔見知りなのではないか、とみられていた。

実は、この僧侶の男、黒田さんと顔見知りだった疑いがある。なぜならば、黒田さんが、たまに徳島に仕事で出向くことがあったそうだ。となれば、そのときに知り合ったのではないだろうか。
そして、事件の起きた場所は、愛媛県の彼女の自宅である。
とすると、この彼は、わざわざ愛媛県まで来て、犯行に及んだということだ。
そうなると、これは推測にすぎないが、やはりストーカー○人である可能性も否めない。
この僧侶の男性は、黒田さんに一方的な恋心を抱いていたのでは?などと想像してしまうのだ。

PR (広告下に記事が続きます)

 

やはりストーカー?事前に相談も

なぜなら、事件前に、この女性は、友人に「男に付きまとわれている」との相談をしていたそうなのだ。
そうなると、今回の件も、この女性を諦めきれずに、なおも執拗に交際を迫り、それを拒否されて逆上した、などと勝手に動機や理由を想像してしまう。

事件の起きた夜、実は彼女は所属していたバスケットボールクラブの忘年会に出席する予定でいたのだ。
そのため、時間になっても彼女が来ないため、知人の男性が2名で、午後8時30分に彼女の自宅を訪ね、彼女になにが起きたのかを知ったのだ。
発見時、特に着衣に乱れはなかったそうだ。しかし、顔を殴られたあとはのこっていたそうだ。
黒田さんの爪から犯人のものとみられる皮膚が検出されていたそうで、これは、そのとき彼女が犯人に抵抗した形跡と見られているのだ。
今回の逮捕でも、この皮膚のDNAと、来見佳典容疑者のDNAが一致したのが逮捕の決めてなのではないだろうか?

画像を見ると、とても綺麗で美人な女性だ。こんなに可愛い女性がなぜ・・どうして、というのが男性の素直な心理だろうが・・。しかし誰であってもこんな事件は起きてほしくはない。

黒田美貴 - Google 検索