【54歳女逮捕・動機は】また爆破予告!今度は町田の高校

AD




なんだろう、爆破予告ブームなのだろうか?

今度は、東京都町田市の高校へ爆破予告をしたとして、54歳の女が逮捕された。
この女は無職で、名前は小川直美容疑者だ。
5日の午前9時30分ごろに、来週爆弾を仕掛けてやる、と脅迫する電話をした疑い。
この高校は実は、この女性の前にも、男子高校生が爆破予告をして逮捕されており、高校としても、立て続けに起こる爆破予告に頭を抱えているのではないだろうか。
この女性は、逮捕されても、電話をかけたことは認めつつも「なぜ逮捕されるかわからない」という供述をしているそうだ。
この高校名は公開されていて、町田工業高校。
今月3日や4日にも女の声で予告電話があり、同じ女の可能性が高いとみて、現在動機などを調べているとのことである。

しかし、なぜこうも立て続けに同様の事件が起こるのだろうか。
ネットで書き込めば、そのIPからすぐに犯人はバレるのだ。
そして、電話でも、その発信履歴から、すぐにつきとめられる。
手紙にしても、どこかしらで足が付くのである。
なぜ、誰にもメリットのないことを犯人たちはするのだろうか。それでストレスが解消されるのだろうか?
もし、仮に、テレビなどで現場のパニックなどが取り上げられて、それを見てスッキリストレス解消になったとしても、それと逮捕されて人生を棒に振ることを天秤にかけたら、普通はできないのではないだろうか?
それでもこのような事件を起こす・・。その心理が理解できないのだ。
逆に考えれば、その心理がわかれば、このような犯罪を減らす対策を打てるのではないだろうか。
警察は、この女がどのような考えで、そう判断して、今回の犯行に至ったのか、それを追求してほしいと願う。

また、恐ろしいのは、このような爆破予告などが相次ぎ、人が慣れてしまうことだ。
そのうちに、本当の爆破予告があっても、人は対して取り合わなくなっている可能性があるからだ。

大勢の人に迷惑をかける、今回のような行為は決してしてはならない。
その労力を他のことに振り向ければ、きっと人から感謝され人生に成功するのでは、なんて思ってしまう。