ジャパンスケッチ456

タイムリーな話題を独自視点で解説

【試合結果】阪神歓喜・日ハム5連勝ストップ・完封負け・

PR

試合結果 阪神1-0日本ハムファイターズ。

試合が終了した。

日本ハムは1点を追ったが、届かずに5連勝がストップした。
大谷も初黒星。

この試合メッセンジャーと大谷の投げ合いとなった。
両者一歩も譲らない中、大谷が一瞬崩れたその隙に1点を奪われ、阪神はその1点を守り通して、1-0での勝利へと繋げた。

最後は、惜しくも日本ハムは中田まで回すことができず、最後は空振りの三振。試合終了だ。

本当に紙一重だったが、非常に日本ハムにとっては惜しい試合だったろう。

両者とも非常によく戦った、好ゲームだっただろう。

128球で、8回まで投げ切ったメッセンジャー。まさに今日のヒーローだろう。

大谷7勝1敗。

2時間50分にわたる熱戦が終了した。

甲子園球場が非常に熱く萌えた一戦だった。

日本ハムファイターズが現在、セ・リーグ、パ・リーグ、両リーグの最多得点だが、今日はその打線がメッセンジャーの前に沈黙した。

阪神は貴重な1点を守りきり、勝利へと繋げた。

まさに投手戦となった今日の戦い。名勝負と呼んでもいいだろう。