【事件性もあるとみて捜査】「友人がおぼれて」少年川で行方不明に

AD




おぼれたと見られるのは、16歳の男子高校生。学年は1年生か2年生だろうか。

現場には少年少女6人がいた。同じ学校の同級生なのだろうか?
午後11時10分ごろに、「友人がおぼれて姿が見えない」と110番通報が。
男子高校生が川に入ったまま行方不明になっているそうだ。
現在、警察や消防が川を探しているという。
この現場の場所は、JR東海道線の橋の下だ。
住所については愛知県刈谷市逢妻町3丁目の逢妻川となっている。
行方不明になった少年や、他少年少女6人の実名、顔写真画像は現時点では公開されていない。
今後、どのような経緯で今回の事故(事件?)が起こったのか、その理由は、原因は、など、警察によって捜査が進むことだろう。どうして川に少年が入っていったのか、もし、仮に事件だとしたら、その動機はなんなのか。

PR (広告下に記事が続きます)

?

なぜ少年は川に?深まる疑問

普通に田舎の川でよく水遊びをしていての事故とは様子が違う。
ここは、JRの鉄橋が上を走っているような、結構大きい川だ。とても普段から水遊びをするような場所ではない。
そんな場所で、なぜ、この男子生徒は、川に入っていったのか。そしてどうして溺れたのか。疑問は尽きない。そして、通報した女性とは、誰なのか。この少年少女6人のうちの誰か、なのか。
この6人+行方不明になった高校生の7人。この7人の関係性や力関係など、今後、彼らのFacebookなどのSNSや、LINE(ライン)でのやり取りなどの履歴から警察の捜査によって判明することだろう。携帯電話のメール履歴、通話記録などもある。そこから、どうして、今回の事故(事件)が起こったのか。それがわかるだろう。警察は、事件性がある可能性もあると見て、捜査を続けているとのことである。
現場では、警察関係者とみられる人たちがゴムボードに乗って、捜索している様子が写真でみられる。
少年犯罪が多発し、少年法の改正が叫ばれる中、今回の事件はどのような展開を見せるのか。
また、もし事故であっても、防ぐことができなかったのか、など、も気になるところだ。
しかし、ここで重要なのは、まだ、この行方不明の少年が無事である可能性もあるということ。
一番望みたいのは、この少年が無事な状態で発見されることだ。そうすれば、本人から、直接事情を聞くことができるのだ。

AD