ジャパンスケッチ456

タイムリーな話題を独自視点で解説

【愛知県少年不明・学校名は】中学生含む3人を逮捕・なぜ事件は起きたのか

PR

またも、悲劇が起きた。

男子高校生(16歳)が、愛知県刈谷市逢妻町3丁目の逢妻川にて行方不明になり、現在警察や消防が捜索活動を続けている事件。
この事件は当初から状況が不思議たっだ。
人が川で溺れたとの女性からの通報。
警察が現場へいくと、そこには少年少女6人の姿が。
そこが行楽で行くような川や釣りの名スポットで周りに釣り人があふれる川だったらまだ自然だろう。
しかし、その川は鉄橋がまたぎ、上にJR東海道線の線路があるような、河川敷。
都市の中を流れる大きい川なのだ。
よほどの事情がなければ、人は入らないような川。そこで、少年が溺れ行方不明に。
それだけでも不自然さ極まりない。
警察も、それもあってか、当初から、事件性があることを念頭に、事件・事故両面からの捜査となっていたらしい。それが、ここに来ての急展開。
現場にいた少年少女のうち、3人が、この被害者の男子高校生に対して乱暴したということで、逮捕されたのだ。
逮捕されたのは、高校生(16歳)が1人、会社員(15歳)が1人、中学生(14歳)が1人。
中には、中学生までもが含まれるというから驚きだ。

PR (広告下に記事が続きます)

?

心にどんな闇が?!


いったい、彼らの心にはどんな闇があったのだろうか。
事件が起きたのは、6日の夜10時40分頃。
真っ暗な河川敷に、被害者少年を連れ出したのか。それとも呼び出したのか。
今年の頭にも、河原での少年による、記憶に新しい事件があったばかりで、またもや、である。
なにかの制裁なのだろうか?3人で1人を攻撃するというのは、どんな黒いものが渦巻いているのだろう。
少年はまだ発見されていないが、無事で見つかることを願いたい。どこかの瓦に泳ぎ着き、そこで無事でいてほしい。そう願わずにはいられない。

一時の感情ほど怖いものはない。中学生、高校生、会社員。この3名は、頭に血が上ったのだろうか。それとも1人のリーダー格の少年の言うことに逆らえなかったのか。それとも遊び半分なのか。なんにしても、それによって彼らの人生は間違いなく重たい荷物を背負うことになるだろう。そして、荷物を背負いたくても背負えない状態に、もし行方不明の少年がなってしまったら・・。その罪は重大だ。

彼らの高校名や中学名などの学校名、会社名などはまだ公表されていないし、実名(名前)や住所、顔写真画像、Facebookアカウント、Line(ライン)アカウントも、公開はされていない。
おそらく、SNSアカウント系やラインについては、警察が彼らの関係性などを調査するのに使われるだろう。
そう、前回の事件も、ラインが大いに捜査に役にたった。すべてログとして、記録が残っているからである。
今後、彼らの関係が明らかになることで、動機や事件に至った理由、どうして、こんなことをしたのか、なども明らかにされるだろう。
そして、ひとつ確実に言えるのは、少年法の改正や少年犯罪の厳罰化がより一層叫ばれることになるだろう。
そうでないと、被害者もたまったものではない。