ジャパンスケッチ456

タイムリーな話題を独自視点で解説

【考えられる病気は】石原慎太郎氏・救急搬送される「頭が重い」

PR

石原慎太郎氏がなんと救急搬送されたそうだ。

場所は、島根県益田市有明町の島根県芸術文化センター「グラントワ」。
この日、講演会「市民の力による地域再生」の為に、この市を訪れていたそうだ。
公演を始めてから1時間後、急に体調不良を訴えた石原慎太郎氏。
「頭が重たい感じがする」と話していたという。
搬送先は、益田赤十字病院。詳細については、守秘義務があるからだろう。病院側は答えられないとしている。
頭が重い感じがする、これはなにかの病気なんだろうか?
鉄壁な超人なイメージがする石原慎太郎氏。そうそう病気になるイメージが無いのだが、やはり年齢によるものなのだろうか。
普通の人の「頭が重い」ようなことすら彼には無い感覚があるので、彼の「頭が重い」というのが普通の人にとってのどれくらいの重さにあたるのか、などと考えてしまう。普通の人には日常的なだるさも彼にとっては滅多にない大事件、というくらいに彼には健康的なイメージがあるのだ。

しかし、今回はそんなことも言ってられないだろう。責任感の強い石原氏だけに、公演を途中で中止にして、119番を呼ぶくらいの体調だ。おそらく、本当に具合が悪いのだと思う。

東京都知事から日本の国政に復帰、しかし、年齢も80歳を超え、引退した彼。
もう、普通であれば、かなりの年、であるはずだが、年齢よりも若く見えてしまうだけに、もっと国政にいて欲しかった、と個人的には思う。身長180cmの82歳。背筋も伸び、声も快活。
しかし、若く見えても、年齢はやはり80代なのかもしれない。

今回の頭が重い、という症状、考えられるのは、どんな病気なのだろうか?

軽いものから言うと、自律神経失調症、などでもこのような症状は出るだろう。政界を引退し、生活が変わることによるストレスからくる、自律神経失調症、なんて可能性もあるだろう。
また、目の疲れから頭が重く感じる症状に繋がる場合もある。
他に可能性としては、「脳卒中」という病気だ。
これは、脳血管障害の総称で、脳梗塞や脳内出血、クモ膜下出血、などを指す。
公演中に、ということで、血圧が上がり、脳血管に障害が出た可能性。これは年齢を考えると、十分に有り得るので、注意が必要だと思われる。
もし、仮にくも膜下出血の前兆、だとしたら、早急に病院で対応が必要だろう。
今回は、意識がある状態で、救急搬送されたので、初期対応は早いと言えるだろう。
詳しくは、病院の検査を待たないことにはなんとも言えないと思う。
風邪で頭が重くなることだってあるのだ。
しかしご高齢だけに、念には念を、ということでの119番かもしれない。しかし、それが健康を維持するには大事なのだと思う。
大事(おおごと)でないことを祈りたい。