【Apple MUSIC発表】日本ではいつから利用可能?月10ドルで聴き放題のアップルミュージック

AD




Apple社は、WWDC2015において、新しい音楽ストリーミングサービスである、AppleMUSIC(アップルミュージック)を発表したという。

「OS X」「iOS」「Watch OS」の3種類のOSに対応する新機能・・という流れでの発表だ。

その名は「Apple MUSIC」!
わずか月額9.99ドルを払えば、1ヶ月音楽は聴き放題なのだ。もはや流しっぱなしにしてOKな完全自由な音楽環境が、わずか1200円で手に入るようになる、といったもの。
サービスが提供される国は、世界100カ国以上らしい。
ファミリー向けの、プランというのも存在し月額14.99ドル(約1900円)で、なんと最大6人までで利用可能なプランも用意されているとのことなので、家族はこちらで登録するとお得だろう。

まさに音楽界の黒船であり、日本国内からじゃ、まず絶対に生まれなかったんじゃないかなぁ、と思えるサービスなのだ。
日本ではいつから利用可能なのかが気になるところだが、まだその時期は公表されていない。
しかし、先に日本版ウェブサイトは出来ている様子だ。

PR (広告下に記事が続きます)

 

どんな機能がある?

「For You」機能と呼ばれる、レコメント機能。ひとりひとりにオススメの楽曲を表示してくれる機能だ。
「New機能」と呼ばれる、検索機能。AppleMUSIC全体から検索したり、MyMUSICの中から検索したりできる。
「Beats 1」と呼ばれる、グローバルラジオ。
グローバルラジオというのは、常に曲を流している、常設のラジオのようなもので、今どんなアーティストが話題なんだろうか?とか、ただ、なんとなく曲をかけていたい、なんていう時には、ベストな機能だろう。
さらには、
「Connect」機能だ。こちらはアーティストごとにページが用意され、「いいね」「コメント」「シェア」が可能で、ファンとアーティストをつなぐ機能となる。

今回の発表は「OS X」「iOS」「Watch OS」の新機能というかたちでの触れ込みだったが、Android版については、は秋から利用可能とのことである。
また、Windows版についてもアプリが提供される予定とのことである。
公式サイトから専用のアプリをダウンロード、インストールする形式になるのでは、と思われる。
月額課金はクレジットカード登録して、自動で毎月課金、もしくは年間契約で割り引かれたりするのだろうか?
ちなみに、最初の三ヶ月は無料で利用できるそうだ。
クレジットカードを登録して、三ヶ月だけ無料で・・と思って退会を忘れていたらいつのまにか課金が始まっていた、なんて私自信はなりそうな予感が。お試しはカード登録無しでもできるのかもしれないが。

一昔前はカセットテープを何個もガチャガチャと持ち運んでいた。
次にCDが出来て、MDが来て。
iPODで1万曲を持ち運べるのは革命だった。
そして、今はストリーミングで、もはや曲を持ち運ばない、という時代。
未来が来たのだな、と感慨すら覚える。
10年後は果たしてどうなっているのだろうか。

AD