【なぜ?!】流通経済大155キロエースは公務員志望・生田目翼は市役所を目指す?

AD




全日本大学野球選手権。日本の大学トップを決めるその戦いの場において、ベスト4入りした流通経済大。

その流通経済大学3年エース。名前は「生田目翼(なばため つばさ)」。
彼の球速は最速155キロだ。
日本のプロ野球界注目のこの彼は将来、プロ野球志望だろうか?それとも大リーグ?
いえいえ。彼の志望は「市役所」です。
え?
誰もが耳を疑うことだろう。
来年のドラフト候補に挙げられるなどプロ野球界からもその動向に注目があつまる彼は、地元の茨城県常陸大宮市に帰って公務員になりたい、と話したのだ。
これには報道陣もびっくりだろう。
「自信があるのがストレートだけで球速とかはあまり関心がないんです。野球は大学まででいいかなって。仕事にはしたくないんですよね。地元(茨城)の常陸大宮に帰って市役所に勤めたい。転勤がないので。野球をやるのは好きですが練習が嫌いで」とのこと。
さすがにこれには、チーム関係者も彼にアドバイスをしたようで、「やりたいことは決まっていない」とコメントを修正したようだが。
しかし、正直な彼の気持ちは、最初のコメントに集約されているのだろう。
いまNHKの朝の連続テレビ小説「まれ」で、主人公が最初「公務員」を目指していたのと重なる。夢を追うことは良くないこと、と信じ込み、ケーキ職人などの憧れを封じ込めて公務員を目指す主人公に重なるのだ。
いや、わからない。彼の場合は、その「夢」が公務員なのかもしれないので、なんとも言えないが、実に堅実な将来の目標だなと思ってしまう。
しかし、155キロの剛速球は誰しもが投げられるものではない。本人の努力も当然だが、天分でもあるだろう。うーん。もったいない。
プロ野球選手は子供の頃から憧れる人は多いが、誰もがなれものではない。そのチケットが差し出されているのに、蹴るなんて・・・。と傍からみると思ってしまう。
しかし、幸せや生き方は人それぞれなので、彼には彼の生き方や求める暮らしがあるのだろう。
プロ野球界は、彼の気持ちが変わるのを待つしかないのかもしれない。

AD