【CGムービー】FF7がリメイク決定!動画CGがすごい!プレイ動画などの実際遊んでいる画面も期待

AD




すごいニュースだ。

なんと、アメリカロサンゼルスで開催中のE3において、
スクウェア・エニックスのファイナルファンタジー7がフルリメイクされることが発表されたのだ。
対応機種はPS4。
そう、最新のプレイステーション4向けに、最新の技術を駆使したFF7がリリースされることになる。
ディレクターは、野村哲也氏。プロデューサーは北瀬佳範氏、シナリオが野島一成氏ということだ。

youtu.be

youtubeの公式トレーラー動画を見ると、そのグラフィックのクオリティが素晴らしい。
まさに現在のCGでよみがえったFF7である。
最新のコンピュータグラフィックスによるクラウドやセフィロスを見てみたい。

一番期待されるのは、リアルタイムレンダリングによる人物などの描写だ。

あらかじめ作成されたCGムービーは昔からクオリティは高かったが、PS4に対応されることで、ゲームプレイ中の画面がどれくらい綺麗なものになるか、が期待される。

現在製作が進んでいる最新版のファイナルファンタジーを見ると、街中がシームレスにつながり、ゲームマップ上で遠くに見えるものが歩いて近づくとだんだんと大きくなってきて、自然とシームレスにその場所へ行ける、という最新のFFに見られる技術が、このリメイク版FF7にも導入されるのだろうか。
もし、そうであれば、期待はさらに大きくなる。

フィールドと街が分かれることなく、すべてが一枚のマップ上に描画される、そんな形式で、このリメイクも作られるのだとしたら、それは凄いことだし、プレイステーション4なら、それも可能だと思うのだ。
今後、スクウェアエニックスからゲームのプレイ動画も公開されると思うので、その情報を待ちたい。