ジャパンスケッチ456

タイムリーな話題を独自視点で解説

【ライザップが衝撃のウルトラQ!】会則変更でどう変わる?・30日以内全額返金の規約ルールが変更に

PR

トレーニングジムの運営で有名な「RIZAP」(ライザップ)。

最近では「MATSUZAP」(マツザップ)なんて言葉もダウンタウンの松本人志から生まれたが、ここで話題に登っているのは、そちらではなく、CMで有名なライザップだ。
香取慎吾がムキムキのマッチョボディをボディビルダーのように合コンで披露している、あのCMである。
そのライザップ。
広告において、「30日間全額返金保証制度」という制度をウリに、契約を伸ばしていたが、その広告が、過大広告にあたるとして、神戸市のNPO法人が制度記載の削除を求めていた。

そう、30日間全額返金保証をうたっているが、実際は、30日以内であっても、全額返金されるとは限らないのだ。それにも関わらず、必ず返金されるような印象を持たせる広告は問題だ、という物言いが着いたのだ。

たしかに、このコピーを見る限り、30日以内であれば、必ずお金が戻ってくる気がするので、安心して申し込みができそうだが、実際は、プログラムを規定どおり正しく実行しなかった場合は、引越しなどの会員の自己都合の場合は返金されなかったようだ。
返金には、なんと、会員とトレーナー、そしてライザップ社の3者での協議が必要とされており、同社の承認が必要というもの。これでは、なにかしらの理由をつけてお金なんて返ってこないのでは?と素人でも思えてしまう。

今回の指摘を受け、「RIZAP」(ライザップ)側は、これらの規定を撤廃。
30日以内であれば、すべてのケースにおいて、全額返金の対象とする、というのだ。

これは、思い切った対応だ。

そう、こういったケースで多いのは、過大広告を指摘されたら、その広告を撤去するという対応だろう。

しかし、ここにきて、なんと、実態を広告に合わせてしまうというウルトラQに出た!

今回、こういった問題が出たことで、一気に世間の注目をあびた形になったライザップ。

それが、なんということか。その注目のタイミングに合わせ、30日以内全額返金をいかなる場合であっても実行するということを強烈にターゲットの消費者に印象付けることに成功したのだ。

それも、お金をかけてCMを打つよりも効果的な手段において、である。

してやったり。ライザップ。策士である。