ジャパンスケッチ456

タイムリーな話題を独自視点で解説

【旦那は誰?】耳をすませば月島雫の本名陽子が第1子を出産

PR

スタジオジブリのアニメ映画「耳をすませば」

1995年に公開されたこの映画。
「好きな人が、できました」というキャッチコピーで当時毎日CMが流れていたので覚えている人もいるだろう。
バイオリン職人を目指しイタリアのクレモーナ地方に単身修行に行こうとする中学生の天沢聖司と、同じ学年で主人公の月島雫(つきしましずく)の淡い恋物語を描くこの映画。
ジブリの代表的な作品の一つとして今尚語り継がれる名作である。

この作品において、主人公、月島雫の声を演じていた声優「本名陽子(ほんなようこ)」。
※ほんみょうようこ、ではない
さらにこの作品の前には、実はこちらもスタジオジブリの名作「おもひでぽろぽろ」で主人公、岡島タエ子の少女時代を演じているのだ。

そして、この度、彼女が第一子を出産したとのニュースが入ってきたのだ。
性別は女の子。
自身のブログにおいて、予定日より数日早めに女の子を出産したことを報告。

お相手の旦那さんは、一般人男性とのこと。結婚したのは昨年の7月。

このお相手との出会いの馴れ初めや恋人時代のエピソードなどは語られていないようだ。

そして、二人は、結婚してからまもなく赤ちゃんを授かったのだろう。
今年の3月には妊娠6か月であることを報告していた。

「耳をすませば」の主人公、月島雫は、ファンタジー小説の作家を目指していた。
この彼女が丘の上で見つけた「地球屋」というお店で出会った古いヨーロッパの猫の人形「バロン」を主人公した小説を描くのだが、この小説が映画化された、という設定で、スピンオフ作品「猫の恩返し~バロンがくれた物語~」が公開された。
そして、この「猫の恩返し」のテーマ曲は「風になる」。
この曲を歌う歌手「つじあやの」が、昨日、ブログで結婚していたことを発表し、話題になったばかりなのだ。

「耳をすませば」関連で、連日、おめでたいニュースが続くのは素晴らしい。

本名陽子も、ご主人とお子さんと共に、素敵なストーリーを紡いでいってほしいと願う。