ジャパンスケッチ456

タイムリーな話題を独自視点で解説

半田健人はキムタク(木村拓哉)に似ている?!顔やプロフィールを比較

PR

ジュノンボーイのファイナリスト。

平成ライダー出身の彼。

半田健人(はんだけんと)はいま日記絶頂の俳優だ。
その彼がキムタクに似ていると話題に。

実際どうなのだろうか。

写真画像や動画を比較すると、確かに似ている。
巷には、SMAPのキムタク(木村拓哉)より、半田健人の方がずっと男前では?との声まである。

実績と、「男前」だけでは語れない魅力、お茶の間の老若男女問わず惹きつけるその力、安心感、そういったものはキムタクの方が上という声もある。
木村拓哉のドラマ実績は
あすなろ白書,ラブジェネレーション,ロングバケーション,ギフト,眠れる森,ビューティフルライフ,HERO,空から降る一億の星,GOOD LUCK!!,プライド,エンジン,華麗なる一族,CHANGE,MR.BRAIN,月の恋人,南極大陸,PRICELESS,安堂ロイド,アイムホーム
と、もはやお茶の間の顔である。
しかし、半田健人はまだ芸能界デビューして間もない。これから、キムタク以上に、実績を積み上げていくことも想像できるのだ。

実際に、どちらが「男前」か。それは主観的な話でもあるので、判断を下すのは難しいだろう。

ただ、似ているかどうか、でいえば、似ているのである。
プロフィールを見てみてると、もちろん、生年月日(誕生日)は異なるが

体格も似ていて、木村拓哉の身長が176cm。
対する、半田健人の身長は177cm。
ほぼ同じなのだ。

出身地は異なっており、木村拓哉が東京都出身で千葉県育ち。
半田健人は、兵庫県神戸市生まれ、兵庫県芦屋市育ち。

そんな半田健人。
高層ビルマニアと鉄道マニアとしての顔も持っている。
高層ビルは、かつてニューヨークにあったワールドトレードセンターのような形の箱型で長いビルが好きなようだ。エンパイアステートビルのように上が細くなったビルはあまり好きではないとのこと。
ビルのしたから見上げることに喜びを感じるようだ。

また、鉄道もマニアで、種類としては「乗り鉄」にあたるそう。
そして台車マニアだそうだ。

タモリ倶楽部に鉄道企画で出演したこともある彼。電車が頭上を通過した際には、「ボルタレス台車が見えました!」と嬉しそうにタモリに報告した。

実はすでに彼も、ドラマの出演実績(出演歴)を着々と積み上げている。
彼が出演したテレビドラマは
ごくせん、恋とおしゃれと男のコ、仮面ライダー555、仮面ライダーファイズ(声)、ウルフオルフェノク(声) 役(主演)新・科捜研の、愛のソレア、ステップ、愛の劇場『正しい恋愛のススメ』、花より男子、戦国自衛隊・関ヶ原の戦い、さくら署の女たち、おとり捜査官・北見志穂シリーズ 、法医学教室の事件ファイル25、西村京太郎トラベルミステリー63、女かけこみ寺 刑事・大石水穂シリーズ 、金沢のコロンボ2、赤川次郎ミステリー 4姉妹探偵団、7人の女弁護士、神戦隊ゴーオンジャー第40話、中学生日記、金曜プレステージ、死の三角地帯、そこをなんとか2
なとであり、すでに相当量をこなしているのだ。

こうしてみると、推理物、サスペンス系が多い気がする。
着実に大物俳優のステップを踏んでいるのである。

高視聴率男として名をはせた木村拓哉をその実績とキャリア、努力において、追い上げることはできるだろうか。

今後の活躍が楽しみである。