【事故?】ドラム型洗濯機の罠と危険性・東京青梅市で男児が閉じ込められ死亡・機種名やメーカーは不明

AD




東京都の青梅市で、ドラム型洗濯機に児童が閉じ込められるという事故が起こった。

今月の8日未明、親が、子供が洗濯機の中にいることに気がつき、救出。
救急隊が到着したときには心肺停止状態で、運ばれた先の病院で死亡が確認されたという。
原因としては、誤って男児がドラム型洗濯機の中に入ってしまったというのが、その理由だそうだ。
この洗濯機の種類であったりメーカーは不明だ。
現在のところ、報道は「事故」である。
実際に、事件性を疑うような情報がないのだろう。
なので、「事件」ではなく「事故」なのだと思われる。
最近頻発する児童虐待・幼児虐待などを連想してしまうのはやむを得ないと思うが、今回の件に至っては、悲しい事故という見方が大きい。
警察も現在捜査中だと思うので、詳しい状況などは追って報道されると思う。

現在公表されている情報によると、男児は自ら洗濯機の中に入り、内側から扉をしめた。
しかし、洗濯機の扉は内側からは開けないようになっているので、出られなくなり、空気が無くなってしまった。結果、死因は窒息とのことだ。

ちなみに我が家もドラム式洗濯機である。
我が家の機種だと、構造的に、内側から扉を閉めるというのは難しい。
内部に取手がないのだ。これは他の機種でも同じだろう。
ただ、今回の事故で使用されていた機種名が不明なので、なんともいえない。
その機種は、内側からドアを閉められるような構造になっているのかもしれない。

PR (広告下に記事が続きます)

 

発見時間帯の謎

あと一つは、未明に発見された、という事実だ。
なぜ未明?と一見、不思議には思える。

子供が夜に遊んでいて、誤って洗濯槽に入ってしまったのだとしたら、寝る時間になって子供がいなければ、探すだろう。
ひょっとしたら、探したがまさか洗濯機の中にいるとは思わず、外を探すなど、していたのかもしれないが。

もう一つの可能性としては、夜間に子供がトイレかなにかに起きて、たまたま洗濯機の中に好奇心で入ってみた、というケース。
これも有り得ない話ではない。
しかし、いまいち、ピンとこないのだ。
子供とはいえ深夜は眠いし、その時間にそんな行動を取るだろうか。
また、もし深夜に洗濯機に入ったのだとしたら、明け方であれば、まだ命は助かったのでは、と思う。
そう考えると、前夜の段階では洗濯槽に入っていたのでは、と考えるのが自然だ。

また、もうひとつのケースは、両親の帰りが遅かったケース。
子供は家にひとりでいて、親は仕事やなにかしらの事情で、帰宅が遅かった。
子供は親が帰ってきたら驚かしてやろうと思い、洗濯槽に身を潜める。
両親は思った以上に帰りが遅くなり、明け方近くになってしまった。
(もしくは深夜までの仕事についているなど)
朝、帰ってきて、子供を探すが、いない。どこだ?どこにいったの?と家中を探すと、洗濯槽の中にいたというケース。

どれもこれもがあくまでも推測、想像にすぎない。

ひとつ言えるのは、大きい悲劇が起きてしまったということだ。

二度と、同じような事故が起こらないことを祈りたい。

AD