【リンゴ病とは何?】東京都で初の警報

AD




東京都でリンゴ病の警報が発令された。これは1997年の
調査開始以来初めてのこと。
リンゴ病とは、六、七歳くらいの子供が主に感染する病気で、正式名称が伝染性紅斑という。
1医療機関あたり患者数で警報を出すかどうかを判断するが、これが一週間あたりで二名を超えると、その保健所が警報レベルとなり、さらに警報レベルとなった保健所の管轄人口合計が都内の全人口の三割を超えると、警報が発令される。まさに今回がその事態なのである。
リンゴ病の症状としては、顔の頬に赤い発疹ができ、ほっぺたが赤い林檎のようになることから、りんご病と呼ばれる。
この病気が危険なのは、妊婦が感染した場合に流産などに繋がることである。よって、妊婦は、よりこの病気に感染しないように注意が必要だ。
では、どうすれは、予防できるのだろうか。
この病気はウィルスによって感染する。その感染ルートは、主に、感染者との接触や、唾などの飛沫によるものである。そのあたりを留意し、感染者との接触を避けるなどの注意が必要だ。また、うがいや手洗いなども効果的である。治療や、治療法については、医師に相談することが重要である。

AD