ジャパンスケッチ456

タイムリーな話題を独自視点で解説

【粉塵爆発とは?動画】台湾八仙水上楽園事故原因はカラーパウダー・その条件を知っているか

PR

台湾の複合型レジャー施設、八仙水上楽園で起きた爆発事故。

若者向けの音楽イベントの最中に発生した。
この事故で、日本人女性2人を含む500人以上がケガをするという大惨事となったのだ。
幸いにも死者は報告されていない模様だ。
邦人女性の容態としては、命に別状はなく、足などにやけどを負って手当を受けていると報告されている。
それは不幸中の幸いである。

今回の爆発が発生したのは、ステージから観客に向かって、カラーパウダーを撒いた時だった。
そのカラーパウダーに引火し、一気に燃え上がった。
これは「粉塵爆発(ふんじんばくはつ)」と呼ばれる現象と見られている。
カラーパウダーはその作り方がネット上に多数あり、イベント側も気軽な気持ちで作成したのだろうか。
しかし、イベントを盛り上げるため、それをまいたときに、悲劇が起こった。

粉塵爆発とはいったい何だろうか?
これはガソリンなどの可燃性気体が一気に燃え上がる発火、爆発に原理としては近い。
粉塵爆発が起こるためには、空気中に浮遊する粉塵が燃焼し、その燃焼が次の粉塵へと伝播していくことが必要だ。
そのため、浮遊する粉塵の1粒1粒間が適切な距離になければならない。
つまり、粉塵爆発の条件としては、適切な濃度で空気中に巻かれなければならないとされている。
世界各地で、たまにこの粉塵爆発による事故は起こっており、小麦粉などの製粉所などで発生することが多い。

粉じんを扱う際には、細心の注意が必要ということだ。
今回のイベントの主催者も、まさかこんなことが起きるとは思ってもみなかったのかもしれないが、これは、よくある類の事故なのである。

この施設自体が、巨大なプールやウォータースライダーなどがメインであるため、イベントの参加者の多くも水着などだったため、その被害も大きくなったとされている。

今後の捜査によってより詳細な原因や理由がはっきりすることだろう。

また、事故にあった日本人女性2人の名前や年齢、顔写真画像、ツイッター(Twitter)、Facebookなどは発表されていない。

粉塵爆発の実験の動画が以下で共有されていたので、紹介する。

youtu.be