【動画閲覧注意】那須ハイランドパーク・ジェットコースター事故・死傷者は?

AD




栃木県にある、那須ハイランドパークのジェットコースターで事故が発生した。

発生したのは、2015年7月5日の午前11時20分ころ。

走行中のジェットコースター「キャメルコースター」から「ガタガタ」という異音が出ていることに従業員が気がついた。すぐに緊急停止の措置を取り、コースターは、地上33メートル(ビルでいうと8階ほどの高さ)に停止した。

このとき、コースターには18名の乗客が乗っていたが、怪我はなかったそうだ。

乗客たちは、緊急停止の後、レールの脇に設置されている、点検時に使用する従業員用の通路を使って地上に降りたという。ただ、その際に、男性の客一人が「気分が悪い」と申告したため、救急搬送されたという。

事故原因や、その詳細、不具合の理由などはまだ公開されていない。

実はこの那須ハイランドパークは今年の5月にも実はジェットコースターが事故を起こしている。
発生したのは5月2日の午後。
ジェットコースターの乗り物が、頂上に到達した際に、このコースターを上昇させるのに使用されるチェーンの一部が切れて落下したのだ。
このチェーンは金属製で、長さ20センチ、幅5センチ、重さがなんと1キロである。
これが、コースターの頂上付近という高所から落下。そして、下を歩いていた男性の頭に当たったという。
被害にあったのは、埼玉県秩父市に住む42歳の男性。
頭を3針縫う怪我を負ったという。
この事故でのけが人は1名で、死者は出ていない。

しかし、1キロの金属製の部品が頭に当たったのである。
頭を3針縫う怪我で済んだのは、不幸中の幸いとも言えるだろう。
当たり所が悪ければ、命に関わる怪我になることだって有り得たのではないだろうか。
しかし、これだけの事故にも関わらず、遊園地側が県警に申告したのは、翌3日になってからだったという。
ちなみに、コースターの運転自体は、事故の直後から中止となった。

ジェットコースター。スリルを楽しむための乗り物だが、実際の危険性がそこにあってはならないだろう。
今後の速やかなる原因究明と、再発防止を望みたい。

※今回事故が発生したキャメルコースターの共有されている一般投稿動画

ジェットコースターが苦手な人は見ないほうがよいです。

youtu.be

AD