ジャパンスケッチ456

タイムリーな話題を独自視点で解説

佐野有美さんの懸命な姿に勇気づけられる・・ トイレで苦労も

PR

佐野有美さん(さのあみ)さんは講演活動家としてもしられているが、彼女は生まれつき障害を抱えている女性である。
両腕、そして右足がないのだ。
これは先天性欠損症と呼ばれる。
手足のない車いすのチアリーダーとして、各方面から注目を集めたりした。

1990年4月6日生まれ。
おひつじ座のO型。
出身は愛知県豊橋市。
かわいそうに思った父親が、彼女がまだ幼いころに、その口をふさいで息を止めようとしたことがあったらしい。しかし、彼女が目を開けて見つめ返してきたことで、彼女から「もっと生きたい」との意思を感じ、思いとどまったそうだ。
そんな彼女は、人の手を借りずにシャツを着ることができるなど、とても自立した5歳だった映像が残されている。

そんな彼女であっても、小学校時代は孤立したそうである。
ほかの子供たちが外で遊ぶようになってしまったからだ。
クラスの男子が、クラスのみんなに向けて、ドッチボールに誘ったときに、彼女が難色を示したことで、クラスメートに嫌われてしまったこともあったという。そんな状態でありながらも、強く懸命に生きる彼女。

自立願望が強くなんでも一人でやりたいと思った彼女であるが、トイレが難しかったという。
トイレの便器に乗せてもらうのは良いが、そこから用を足した後に、自分ひとりでふくことができない。そのつらさがあったという。
それはそうだろう。
小学校の高学年になって生理が来てからは尚更そう感じたそうだ。

そんな彼女も、今ではその飛び切りの笑顔で、日本中を勇気づけている。木村沙織選手に似ているともいわれる美人。その顔写真画像を見ても、まわりを明るくポジティブにすること請け合いのべっぴんさんである。

いまチャレンジしてみたいことはジェットコースターに乗ることだそうだ。

彼女の今後の活躍にも期待したい。