狩野英孝・実際はモテる?二股報道で疑問沸く

AD




狩野英孝といえば、自称イケメンで有名な芸人で、いま二股報道で世間を騒がしている一人である。

現在はベッキーの不倫騒動から、清原選手の覚せい剤使用報道などで、世間が騒がれている中、ひっそりと大々的に(?)話題になったのが狩野英孝である。

狩野英孝は、もともと「ラーメン、つけ麺、僕イケメン」のネタで大ブレークしたものの、当時たくさんいた「そこそこ売れている芸人」の一人にすぎなかったはずだ。それが、瞬く間に多くのバラエティ番組やCMなどにまで登場するようになり、果ては、「自称イケメン」だったはずが「実際かっこいいの?」という声までが聞こえるまでになったのだ。

その人物の世間的な認知度はWikipediaのページボリュームで定量的に図ることができるが、この彼のウィキをみるとかなり長い文章が登録されているようだ。それだけ「大物」になった、ということだろう。

彼は1982年2月22日生まれの現在33歳。

身長は175cmというから、低身長ではないようだ。

しかし体重は60kgで、かなり引き締まった体といえるだろう。

血液型はA型である。

そんな彼だが、今回、女性ネタで引っ張り出されることになったのだ。

実は、彼は2011年に一般女性と結婚しているのである。

それが3年後の2014年に離婚を発表している。

やはり芸能界にいるというだけで誘惑が多いのだろうか。

そして今は、歌手の川本真琴と元レースクィーンのタレント加藤紗里と、二人の女性が奪い合うほどの「モテる」男性としてニュースに登場したのである。

自称イケメンは事実上、「本当のイケメン」になったのだろうか。

実際町の声は、リアルにみるとTVで見るより恰好良いとのこと。

彼に直接接して恋をする女性たちは、TVで見ているわけではないので、リアルなカッコいい彼を見て、そのハートを奪われた、ということなのだろうか。

しかし、二股でないと本人は言っているが、片方の女性の心には、彼がまだいるのは事実のようだ。

ごたごたしている、というのは実際のことであり、早くこの騒動が収まり、彼やそのまわりの女性たちが落ち着く場所に落ち着いて幸せになることを願っている。

AD