【事件直前の動画が!】カリブ海日本人女性殺害・長木谷麻美さん~Twitter画像が美人・Facebookにはヒントが?

AD




カリブ海の国、トリニダード・トバコの首都である、ポートオブスペインの公園において、女性の遺体が発見された。

見つかった女性は、長木谷麻美(ながきやあさみ)さん。顔写真画像を見ると、愛嬌があって可愛らしい女性である。

名前の読み方は「ながきや あさみ」である。よく間違えがちなのが、「ながきやまみ」とか「はせがわあさみ」ではないので、注意。

彼女は毎年、この時期に、トリニダード・トバコのカーニバルを訪れてカーニバルに参加しており、現地のバンドのメンバーでもあった。

彼女の遺体が発見されたときも、彼女はカーニバルの衣装に身を包んでいたとのこと。着衣の乱れなどは特に報じられてはいない。犯人の目的がなにか、それはまだ不明である。ただ、殺害方法は首を手で絞められたことによるものとのことで、そう考えると犯人は男性だろうと考えられる。(握力が必要なため)

彼女が2月8日、つまり最後に撮影したカーニバル動画がこちらの彼女のFacebookで確認できる。

このときはまだ元気だったのだと思うと悲しい。

何件もの動画がyoutubeに投稿されており、非常に楽しく過ごしていることが見て取れる。ひょっとしたら、これらの動画を分析すると、犯人が映っているかもしれない。犯人は誰なのか、動機は何か、なぜ、彼女は公園で首を絞められてしまったのか。容疑者はいったい誰のか。恋人?友人?バンドのメンバー?それとも通りすがりの人物?真相は謎のままである。

今月の2月4日のフェイスブックの投稿を見ると、

「いやーーー!!!!!!!

こうもりがあらわれたー、、、

私のベッドの上の天井にちっちゃい傘みたいなのあるなーって思ったらコウモリだったー、、

<中略>

明日ファイナルだから寝ないとだけど、怖くて電気消せない、、笑 どうしよう、、

とても怖がりな女性だとわかる。

それだけに、殺されたときはどれだけ怖かっただろうと思うと涙が出てくる。

早期に犯人が逮捕されることを切に望む。

彼女のTwitterもこちらで確認できる。最後のツイートがやはりFacebookと同じ2月8日だ。画像が可愛い。

 

彼女は北海道の苫小牧市の出身。

もともとエレクトーンを子供の頃からやっていた彼女。

中学高校は打楽器を吹奏楽部でやっていた。

ちなみに、出身高校が札幌の白石高校である。

なんと、洗足学園音楽大学に入学。

本当に、音楽の専門家の道を進んだのである。

卒業後にSteelpan奏者となり、本場のトリニダード・トバコでコンクールに参加、2012年、2015年になんと3位に入賞するまでになっているのだ。

彼女が奏者となった、steelpan(スティールパン)とはどんな楽器なのだろうか?

これは、ドラム缶から作られた打楽器なのだが、実は、これは音階が存在するのだ。

独特の倍音の響きを持った音を出す。

日本でもそれほど奏者は多くはないのではないだろうか。

日本でのこの楽器の第一人者であったと思われる彼女。

音楽業界からしても、彼女を失ったというのは非常に大きいだろう。

彼女のご冥福をお祈りいたします。