【その動機と真相とは?】13年前女子大生 原田実里さん事件の容疑者逮捕・フィリピン人はなぜそのようなことをしたのか

AD




f:id:nekopanda999:20150613032546j:plain

13年前。時は平成16年。

茨城大学の農学部に通い、いつもの日常を過ごしていた女性、原田美里さん(はらだみさとさん)、当時21歳が、美浦村に流れる清明川において、無残な姿で見つかった。

最後の彼女のメッセージ。それは友人にあてられた一通のメモ。

その内容は、「散歩にいく」といったもの。

彼女が発見された川から8キロも遠い場所で、彼女の自転車が発見されていることから、恐らくは、遺棄された川とは別の場所で彼女は襲われたのだろう。

この事件において逮捕された男は、日本人ではなかった。

容疑者の名前(実名)は公表されていないが、国籍はフィリピンということ。

フィリピンといえば、アジアでも屈指に殺〇事件が多い国である。

しかし日本に暮らすフィリピン人がこのような事件を起こすとは普段はあまり考えてはいない。しかし、実際は起きてしまった。

首や肩など、数か所、刃物で切られていたうえに、死因は窒息死だそうだ。

夜中に自転車で散歩する若い女性をお金目的で襲うとも思えない。

となると、その動機とは何か?

と考えてしまう。

なぜ?恨み?怨恨?どうして、彼女を襲う必要があったのか?

やはり、考えたくないが、〇欲が抑えきれず、襲った、という可能性もあるだろう。

検死の結果、どのような状態なのかは不明であるが、そのような外国人による犯罪は本当に恐ろしい。

今回、罪もない、原田美里さんが、なぜ、そのような事件に巻き込まれなければならないのか。それが本当に悔しい。

顔写真画像を見る限り、とても普通の、かわいらしいお嬢さんだ。

きっと生きていれば、結婚して子供もいて、幸せな暮らしを送っていたはずだ。

もし、このフィリピン人の男がいなければ。日本に来なければ。

いったい、このフィリピン人はなにをしたくて日本に来たのか?日本人の人生を奪う目的できたのか?この男の両親はそうすることを価値のあることだと思って子供を育てたのか?

 

そして、13年ものあいだ、普通に暮らしていたということだろう。これもまた恐ろしく、そして、もし今回の逮捕に至らなければ、何事もなかったように、その人生を全うし、穏やかに最期を迎えたことだろう。

なんて、怖い。なんて恐ろしい。

原田美里さん顔写真が今でも語り掛けてくるように思える。

私はもっと生きたかった、と。

もはや原田美里さんTwitterもFacebookもない。なので、フェイスブックから得られる情報というものもない。しかし、もしあれば、そこに彼女の想いを少しでも感じることができたと思う。

 

 この男は実はまだ「容疑者」であり、裁判によって有罪となってはじめて罪が確定する。なので、まだ正確には犯人ではない。

しかし、仮に犯人だとしても、おそらくは死刑にはならないだろう。

無期懲役、が良いところではないだろうか。

しかしそうだとしても、罪の重さと彼女の人生の重さ。それらを背負い、苦しんでほしいと切に願う。

 

AD