顔写真画像は?熊本アパート白石ひとみさん発見事件の動機はフェイスブックとTwitterアカウントから読み取れるのではないだろうか?

AD




パート従業員の白石ひとみさん。彼女が犠牲となったこの事件は、熊本市の東区で発生した。 東区のアパートから、この部屋の住人である男の同僚が通報を行ったのである。 その通報内容とは、 ・女性が倒れている ・意識がない といったもの。 この同僚からすれば、まさかそれが殺〇事件だとは思いもしなかっただろう。 すでに死亡が確認された白石ひとみ(しらいし ひとみ)さんであったが、検死によると、首に、どうやら絞められたような跡があったということ。 これは他殺?と考えるのも自然な流れだろう。 そして、この女性の夫である男性(つまり、この部屋の住人)が行方不明になっていた。 この段階で重要参考人となったのだろうか。 その後、熊本市内で、車を走らせていたこの男性を発見。事情聴取によると、どうやら、この男性が犯人のようだ。 彼の職業は建設作業員。ガテンな職業ということで腕力もあったのだろう。偏見はいけないが、建設作業員、配管工、など、身内に対するDV報道が多い気がするのはなぜだろう。   まだ、容疑が確定してはおらず、警察としては裏付けを進めている段階。 なので、この容疑者(まだ犯人ではない)の氏名(実名・名前)は公開されてはいない。 また、気になる被害者の顔写真画像も、公開されてはいないようだ。   いったい、この両者の間になにがあったのか。 夫婦ということなので、それは色々とあるだろう。警察も、そのあたり重点的に取り調べていくことになるとは思うのだが、白石ひとみさんのフェイスブックやツイッター、もしくはこの旦那の男性のフェイスブックなどのSNSからの情報というのも、その動機を探るうえでは重要な情報源であると思われる。 〇すくらいなら離婚すればいいのに!というような声もネット上のコメントもある。 本当にそう思うのだが、なぜ、毎回毎回、このような事件が起きてしまうのだろう。 早い段階で、真相が究明されることを望みたい。

AD




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です