隣人と騒音トラブルになった時の対処法その解決法とは

AD




都会に住んでいるとどうしても避けられないのが隣の騒音。
隣から聞こえてくる草も確かに苦痛ではありますが逆に自分が騒音とは思わず出していた音が周りに迷惑をかけているということもあり得ます。
そしてもっと厄介なのは 自らが
騒音と認識していない組織は世間的にも頭に入らない音であってもとても神経質な隣人がそれに対して苦情を言ってくることもあり得ます。

そしてなかなか周りの住環境、そしてどの様な隣人たちが近所に暮らしているか
それは結局のところ引っ越した後にならないとわからないと言うことが多いと思われます。

そんな中で実際に騒音トラブルから殺人事件に発展すると言う様なことも起きており、そういったトラブルをうまく回避し解決していかないと都会で暮らすのは難しくなってしまいます。

まず騒音トラブルに対して
入居してからの防音対策と言うのが一つ騒音トラブルを防ぐ上で
考えられるでしょう
子供などがいる場合は家の中を走り回ってしまうと言うのはいくら注意しても聞かなかったりするもの

親からすれば家の中を走り回る子供を何とかして辞めさせたい下から苦情が来るのではと気が気ではないことでしょう。
そういった場合に床にクッション材を敷き詰めるという手もあります。
防音用のマットと言うものもありますのでその防音用のマットを買ってそれを床に敷き詰めると言うのが良いと思われます。
これらはホームセンターなどで結構気軽に手に入るのでそういったものを
敷き詰めると言うことだけでもだいぶ変わってしまいます。

そしてさらに大事なのは防音マットより挨拶です。
引っ越した時に隣近所に1回面通ししておくと言うことが後々のトラブルを防ぐ上で非常に重要な準備となります。

知らない人の騒音はちょっとでも腹が立つものですが1回人となりや顔が分かってる相手に対しては多少の音であっても気にならなくなったりします。

そういった人間の心理がありますので防音対策と同時に引っ越し時の隣近所への挨拶と言うのは非常に大切でしょう。

また楽器を使っている人例えばピアノを弾く
必要性があるといった場合はもちろん入居時にピアノ・楽器可能な物件などを選んでいる可能性が高いと思われますが、それでもやはり隣近所の反応は気になるもの。

その場合は引越しの挨拶の際に一言 言葉を添えるもしうるさかったら
声をかけて下さいねなどと話しておくと言うのも大事かもしれません。

そして後はピアノを弾く時間を夜何時までという風に
取り決めしておくのも大事です。

結果、工夫に工夫を重ねてもどうしてもトラブルになってしまったら、あとは話合いしかないわけですが、そもそも話が通じない、あまりに神経質すぎて、どうにもならない、となったら、引っ越しを考えましょう。

毎日の暮らし、一生のうち何年もの期間は大事な時間です。それを我慢する必要などありません。

すぱっと引っ越しを決断するというのも、ありだと思うのです。
引っ越すことに決め、そこから、後の問題をどうするかを考えればいいのです。

AD




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です