給食を完全に食べるよう指導したら5人が嘔吐してしまった件小学校教諭がそ れに対して厳重注意されただけだが果たしてそれで良いのだろうかその真相とは

AD




ありえない事件である。
小学校の給食をちゃんと食べる。
それは確かに重要なことであるがそれも行き過ぎてはいけない。
そういう風に考えてしまうのが今回の事件である。

岐阜市の教育委員会が伝えるところによると。
件の当事者は、私立の小学校の女性教諭年代で言うと50歳代の先生なのであるが。
給食をちゃんと全て食べるよつまり間食をする様に児童に指導していたのである。ここまで聞くとごく普通なのだが、問題となっているのは、あまりに無理に食べさせた結果今年7月までに嘔吐した人数はなんと5人という・・・。

偏食を治す子供の偏食を治すということを
重点的に考え指導していたと思われるこの女性教諭は小学校の1年生の学級担任だった時に
その児童たちに給食は絶対残さないよう指導したという。

そして
その子供も具合が悪かったりして、体調不良であったりそういった場合でも、無理に食べさせていたようで・・。
この場合は保護者が事前に学校に体調不良であるという旨を伝えていたにもかかわらずなんと女性教員が伝わっていなかったと言われているのだ。

そしてそういった児童にも無理やり給食を食べさせ結果5人が給食を吐き戻すと有用な
事態が起きていたと言う。

偏食と言うのは確かに早いうちに矯正をしておくという考え方が主流ではあるが果たして正しいのだろうか?

実際に 偏食をしている子供たちに
偏食を直す要指導したことでどれだけの
偏食が治るのかそういった話もある。

また人間の体は必要な時に必要な栄養素を自然に欲する用にできているので子供が何かを食べたくないと言った時には実はその時点での子供の体にとってそれが栄養素としてそれほど必要ではないと言う可能性もある。

人間の腸には腸内細菌が無数に存在しており、その細菌の組み合わせで必要な栄養素と必要でない栄養素と言うのが分かれる。

全員が全員平均的にどの様な栄養素をとったら良いかと言うのが栄養学における栄養であるが、実際ジャムパンだけを食べてずっと長いこと生きている子供もいるくらいで
、実際に必要な栄養素と言うものは人それぞれ異なると言うのが現代の考え方である。

それを無理やりに偏食を直させ
学校嫌いになる様な指導するというのは行き過ぎではないだろうか。

ただ偏食で困る点と言うのが栄養的な問題だけではなく大人になった時に会食だったり人の家にお邪魔した時だったり誰かにご馳走される時だったり。
そういった人との人間関係の上で偏食と言うのはある意味ハンデになると言うのは
あるだろう。

なのでよほどの偏食ではない限りはそれは長い目で見て大人になったら食べられると言うこともある。

AD




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です