平和憲法に縛られアメリカ依存で中国にも北朝鮮にも舐められミサイルの脅威に さらされている日本の防衛方針は本当にダメダメなのか

AD




日本の防衛や戦略は本当に言われるほどにダメなのか?

日本の現状を憂う人は多い。
このままではだめだ。
日本の防衛を強化しなくては
アメリカ依存から脱却するにはどうしたらいい?
北朝鮮に舐められたままじゃだめだ
今こそ敵基地攻撃能力を保持すべき?
といったもの
産経新聞や読売新聞などは特にそうだろう。

逆に朝日新聞などは
この危機は安部総理がでっち上げたもの
軍拡より話し合いを
アメリカに依存してこそ平和が保たれる
日本が軍拡するから北朝鮮との関係が悪化する
など、逆方向への批判が多いと感じることだろう

実際に世界の情勢も変わって来ているので
今までの平和憲法頼み、アメリカ頼みの防衛では心もとない

しかし、あえて思う。
日本はしたたかにうまくやってきたのだ、と
アメリカに防衛を依存し
他国へ侵略する軍備がないことを強調することで
防衛費を抑制し
(卑怯といわれそうだが)テロからも遠い立ち位置にいて
それでも世界的には一定の評価を得ている
うまい。うますぎる。
世の中の立ち回りがうまい。
要領がいいというか

トランプもこの点をさんざん大統領選挙で指摘していたよね
トランプは日本を批判している、というよりも
「日本はあんなにうまくやっている。アメリカをも手玉にとっている。このままじゃだめだ。我々も日本を見習わねば!安部を見習わねば!」という論調だ。
トランプに褒められたところで嬉しくないかもしれないが、策略家の彼に言わしめるほどの要領の良さが日本にはある。

要領がいいことは、実直で正直であることを美徳とする日本ではむしろ批判されることではあるが、世界的に見れば、評価される面もある。

私自身も要領のよさを絶賛したいわけではないが、ダメダメだといわれる日本も、実は結構なんだかんだいってしたたかにやっている、という認識を持っている。

でも今後日本はどうすべき??

そして今後をどうするか。
ミサイルが現実的な脅威になった今、ミサイルの防衛に一定の予算を割く必要はあるだろう。
そして、尖閣諸島の件もあるので、島嶼防衛にも予算を投じる必要がある。
また、各種軍事装備の技術も、一旦、その生産から撤退すると、再びその技術を得るのに10年以上かかったりする。
なので、今後も、一定の装備や技能の維持に防衛予算は必要だろう。
しかし、今のタイミングで、とにかく大量に予算を投じる必要があるか、といえば疑問でもある。

いや、私はどちらかといえば右寄りである。
正直、経済科学軍事、すべてにおいて日本は世界をリードする大国になるべきだと思っているし、日本がその立場にいてこそ世界は本当に平和になると思っているくらいだ。

その未来を実現する為に、今はしたたかにアメリカでもなんでも利用できるものは利用しながら、防衛予算は最低限度におさめるべきだと思うのだ。
そう、「今」は。

なぜなら優先的に、日本の経済力、言ってみればGDPを少子化に逆らってでも押し上げたいと思うからである。

GDPにより経済規模が大きくなれば、たとえGDP1%の軍事費でも膨大な戦力を用意できる。

わずかな予算を途上国の支援にあてたとしても、それは膨大な額だ。

高齢化でその支援予算が膨大になってもそれをペイできる。

とになくなんだかんだ言っても、お金があれば解決できることは多い。

しかし、GDPがじり貧になれば、防衛に30%の予算を割いても、中国に対抗できない、なんてことになりうる。

すでに中国のGDPは日本の3倍。

人口の規模の差を考えれば、それでも差は小さいのだが、中国が、ちょっと手をひねれば日本がひっくり返る、そんな状態が出来つつある。

国の体力を考えるうえで、GDP、すなわち経済規模は重要なのだ。

そして産油国でもない日本がGDPを押し上げるには、科学力がなにより大事になる。

特に、今後、少子高齢化社会を迎えるにあたって、少ない人口でより多くの付加価値を生み出さなければならない。

中国の10分の1以下の人口の日本が、それ以上の付加価値を生むには、1人あたりの生み出す付加価値を10倍にしなければならない。

かといって、一人が10倍働くことはできない。しかも高齢化比率は年々上昇している。

はたして、一人あたりのGDPを10倍・・・そんな夢物語は実現可能なのだろうか?

AIや先端技術を駆使することで可能性はある

しかし、なんといってもこのタイミングで伸びてきた技術がAIである。
今までのような単純作業だけでなく、一定の思考を要求される作業も、AIが代わりにできるようになってきている。

この分野に集中的に投資することで、1人あたりの労働生産性を向上させることができるだろう。

当然、中国もアメリカも、その他の国々も、AIには着目しているので、同じ土俵に乗ってしまうことになるが、その土俵では人口、というメリットが彼らから失われる。

もちろん、完全にはなくならないが、20世紀ほど、人口に経済力が依存しない社会になるだろう。

まさに少子高齢化の日本こそ、AIという新たな労働力を駆使する必要がある。

ロボット技術、スパコン技術、量子コンピュータ、量子暗号、これらの基本技術は最低限、予算を投下して間違いのない分野だと思われる。

政府には、今の最低10倍はこの分野に予算を投じてほしい。


つまり、防衛予算に今のタイミングで大盤振る舞いはせず、しばらくはしたたかに。でも最低限必要な処置は講じつつ、今まさに予算を投下しなければならない先端技術に予算を振り分け、GDPの大幅な底上げを目指したい。

GDPが大きくなれば、今の大部分の問題は自然と解決される。

逆に、小手先にあらゆる手段を講じても、GDPがじり貧になれば、先行きは暗い。

少子化の日本では、一人当たりのGDPを底上げするしか方法はなく、そのためには先端技術、特にAIを駆使しなければらなず、そのため、そこへの予算投下が重要になる。そして、その近傍技術としてのスパコン、量子コンピューティングは抑えなければならない必須分野、だと思われる。

もちろん、そこをベースとして押さえておけば、宇宙開発や医療、資源開発、などにも応用が利く。

とにかく、国家50年、100年の計において、予算の使い方を考慮頂ければと思う。

AD




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です